スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カプコンの本気を見ろ!11

2008年08月19日 08:41

カプコンが初となる「ヒットラーの復活」の続編を遂に作成!
その名も「バイオニックコマンドー」!!
超硬派、超ガチムチになって奴らは帰ってきた!

公式ページも重厚な作りです。
まずはデモムービー等も含めて軽く見てみましょう。
http://www.capcom.co.jp/bc/thebionicworld/index.html

見ましたね?
世界観は伝わったでしょうか?

360では先行で2Dアクションゲーム「バイオニックコマンドーD復活計画」がダウンロード購入可能です。
そのプロモーション動画がこれだッッ!!!
カプコンの本気を感じ取ってくれッッッ!!
スポンサーサイト

2ちゃんのスレッド検索で「東方」と検索すると

2008年08月11日 21:03

・【東方紅魔郷】STGの名作BGMを語ろう【東方妖々夢】

・【神ゲー】 東方>>>>>>>他STG 【クソゲー】

・東方萃夢想>>>>>>>>ヴァンパイアセイヴァー


これで釣られないなんて無理だっ・・・!

地球を…地球を守るんだ…!

2008年08月07日 10:12

地球防衛軍3が面白すぎる。
地球外生命体(一部兵器)をただ倒すだけのゲームなのですが
武器の爽快感や適度な難易度は素晴らしい。

特に熱いセリフの数々はこのゲームを間違いなく盛り上げている。
以下はゲーム中に聞こえてくる隊員達の声。

「異邦人の歓迎会だ!派手にいくぞ!! 」
「絶望的な戦いだが、われわれは最後まで諦めない。」
「戦士の誇りを忘れるな、どんなに絶望的な状況だろうとな」
「みんな疲れている。だが我々は戦い続けなければならない! 」
「われわれは最後まで戦う!どんなに絶望的な状況になろうとな!」
「ちくしょう…地球が…なんでこんなことに…!」
「もう希望はないんだ…だが俺は戦うぞ…! 」
「俺より先に死ぬことは許さんぞ!」
「自由のために戦え!最後まで!」
「人類の力を見せてやれ!」
「全世界の仇を俺たちが取るんだ!」
「平和だったんだ・・・お前たちが来るまでは!!!」
「こんな負傷が何だ!最後まで戦うぞっ!」
「俺は最後の瞬間まで、戦場を離れるつもりは無いっ…」
「ストーム1・・・地球を頼んだぞ・・・」
「地球を…地球を頼んだぜ…!」

熱すぎて笑えてくるほど熱い。
死亡フラグ丸出しなセリフから中二全開のセリフまで幅広く取りそろえています。
協力プレイがすこぶる面白く、「後は…頼んだッッ…!!」「地球を…頼む…!」とか
言いながらプレイしています。(^^

本命を外したつもりが

2008年08月04日 19:53

ア イ マ ス 買 っ て し ま っ た 。

勢いで思いっきり本体ごと買いました。
一緒に地球防衛軍も買ったんですが、1フレもやってません。

いやー。

もうー。

真が可愛くて死ぬ!
ごめん、死なない。

そんな感じです。

漫画「FLIP-FLAP」

2008年08月01日 12:38

FLIP-FLAP (アフタヌーンKC)FLIP-FLAP (アフタヌーンKC)
(2008/06/23)
とよ田 みのる

商品詳細を見る

-告白した彼女に付き合うための条件はピンボールのハイスコア更新だった

彼女と付き合うために主人公はピンボールを始める。
しかし、日が経つにつれ主人公はピンボールにのめり込んでいき
目的は彼女と付き合うことではなく、ピンボールのスコアを出すことになっていく。

地元のピンボール大会で優勝した主人公は
シカゴの大会にも出るようにもなるが、それでもハイスコアは越えられない。

そして告げられた筐体撤去の報。
主人公はハイスコアを出せるのか!?
彼女と付き合うことは出来るのか!?

そんな話。
丁度GAME41のピンボールをこの前初プレイした矢先だったこともあり
似たようなアメリカ製のピンボールを題材にした話は個人的にはとてもタイムリー。
ピンボールの細かいゲーム説明や、揺らしのテク等知らないことも書いてあり
漫画以外の部分でもかなり楽しむことが出来ました。

ピンボールという一見取っつきにくい題材ですが、やってることはスポーツ漫画と同じ。
「-出来た!!」という感覚や、ゲーセンで味わう独特の達成感も上手く表現されていて
ゲーセン勢としても「あるあるあるある!!」と思ってしまったり。
名前すらない脇役達もなかなか良い味を出していて、とても読みやすい作品です。

全1巻なので是非お手に取って頂きたい漫画です。
ピンボール勢のダイゴ君には読んで欲しい作品。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。