スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

糸冬

2009年12月31日 21:31

2010年を締めくくる!コミケレポートです!!

コミケは結局遊んでて行きませんでした。完。
スポンサーサイト

私のスーパーマン

2009年12月29日 23:36

サンダースさんとアキバに行ったのですが、何故か途中から「愚地独歩フィギュアを探す旅2009ファイナル」
になってしまい、5時間くらい独歩フィギュアを探し回っておりました。

収穫物はOAタップが600円、COD3が1980円。後者は特に大収穫!
中古でも3980円が相場なのに、何がどうしたのか1980円。これは買う要素しか無かった。
あとはサンダースさんが何故かオナホールを買ったり、ボタンを押すと外人の喘ぎ声が出てくる機械を買ったりしていた。

そしてネタバレ勢のサンダースさんが泊まりに来たのですが、漫画の単行本はいきなり最後の方のページから読むし、
ストーリーが気になる!!とか言ってるのにゲームのムービーシーンは携帯いじったりしています。
このネタバレ勢の無法っぷりをなんとかしてください。

お金が無い

2009年12月28日 22:31

また黒いやつが現れたーーーーーーーーー!!!
もういやだーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!!!!!

というわけで来月から家を変えることにしました。
家賃光熱費ネット代込みで月39000円という超破格物件になります。
家賃も先払いしてしまったので、とりあえず来月からの負担は割と小さくて済みそうです。
問題は来月の仕事が一体何日から始まるのか全く決まってないことくらいなもので。

あとは家の修繕費が多分4万くらいかかるのと、チャリンコ無いと辛い地域になりそうだから
使い捨て用のチャリンコを1万弱くらいで買うくらいか。
そう考えると来月15日までに仕事がないと来月もやや赤字になりそうな気しかしない。
なんとかならないのかーこれはー。

あとスパロボ学園の在庫を確認しにソフマップに行ったらレッドファクションゲリラがワゴン入りしていた。
スパロボ学園1380円に対してレッドファクションゲリラは1980円。
この差ならどう考えてもレッドファクション一択だった。さようならスパロボ学園。ありがとうスパロボ学園。

消化試合

2009年12月27日 23:07

最近びっくりするほどネタがない。
ネタがないというより日記を書く意欲が無いというのが正しいのかもしれない。

生活自体は不満は全くないのですが、割と淡々としていて、日々の生活を送り、
ゲームを消化し、これといって美味くもない飯を食い、そして寝る。

全く不満は無いのだが、どうにもこうにも真新しいものや、熱意的に書くようなものもなく、
結果的に日記に書こうとするとこれといって特別に記載することがない。
2週に1度程度黒いやつが襲撃してきては『もうこの家は燃やす!!』とか書いて終わるくらいなものだ。

とはいえ、くどいようだが不満はないのも正直なところ。
金も生活もそこまで困っているわけでもないし、仕事も超楽勝で肉体的にも精神的にも余裕があり、
酒を飲みながらスト2の曲を聴いたりしてだらだらと日記を書くのも決して悪くない。
…という、適当な日記をただ更新するという名目のためだけに書くのも悪くない。

能條ファンとして

2009年12月26日 00:43

漫画を最近色々買ったので、適当にちらほら雑感でも書いてみようか。
あまり仰々しくもない、適当な漫画に対して適当に書こう。それくらいの方が、気が楽でいい。

・エンバーミング 3巻
エゾさんから「エンバーミングはつまんないっすよ…」とか言われていますが、普通に面白いです。
面白い漫画は?と聞かれてこの作品を挙げることは100%無いと断言出来る程度の面白さではありますが、
少なくとも和月漫画のなかではかなり面白い部類ではある。
エンバーミングの面白さを支える大きな要因が、コミックスに収録されている各話の補足説明文。
キャラクターデザインに関してのコンセプトや制作背景、漫画作成における目指す方向性や反省点など、
和月が和月たりうる漫画家としてのプロ意識が、これらに集約されている点は素晴らしい。
正直漫画だけだと確かにつまらないんだけれども、映画を見た後にウィキペディアを見る事で、
大して面白くもない映画でも見所を感じれるようになるような、そんな感覚がこの漫画にはある。
漫画としての面白さより、和月先生の考えや方針に共感をしたり、ふーむと思ってみたりするのが楽しい漫画だ。

・ばりごく麺 4巻
なんか全然佳境に入ってた気がしてなかったのですが、なんか完結しました。
そして相変わらず能條先生らしい、能條先生にしか分からない盛り上がりと、能條先生にしか分からない終わり。
最初から最後まで痛快なほど能條漫画。名付けて痛快コミック!!
正直哭きの竜外伝より断然面白いのに、すぐ終わってしまったのは残念。
次回の痛快コミックに期待です。

他にも何十冊と読んだけど、適当に書けるのはこの辺かなーと。
散歩もの、月光条例、友達100人できるかな?、惑星のさみだれ…とまあ、この辺も普通に面白いんだけれども、
適当に感想を書いて終了させたい漫画でもないので今回は割愛。そのあたり、流石和月先生、能條先生は格が違う。
どんなにつまらなくとも追い続け、馬鹿にしながらもしっかり楽しませて貰える。
下手な萌え漫画のようなどうでもよさとはまた違った、良い意味でのどうでもよさがこれらにはある。

心底どうでも良い漫画が「極道めし」とかその辺なのだが、この辺になると
読む際に気力がマイナスでも読めるというメリットがある反面、
どうでもよすぎてわざわざ感想を書くとむしろ負けのような気すらしてくるのがデメリットだろう。
勢いに任せて進む展開や、心底どうでもいい内容は読む分には楽なのだが、作品としての価値や面白みはまるでなく、
トイレでうんこしながらとかで結局何十回も読んでいる割には特に強い思い入れも出来ないという。

なんだかよく分からない魅力と、読む際の気力のいらなさ、無理矢理深読みも出来なくもない独自の世界観など、
その辺を兼ね備えた能條漫画には、どうでもいい漫画にはない、どうでもいい魅力があるのだ。

ヘッドショットのやり方が分からない

2009年12月25日 20:00

普通に早起きして出勤打刻(携帯でやってる)をしようとしたら、本日の出勤はありませんとか出ていた。
俺に一切の断りもなくいきなり休みになっとるがな…。
そしてどうせ今日休みなんならスパロボ学園買っておけば良かったと割と素で後悔。

さて、昨日は久々に漫画を20冊程度購入してみたり、山岡家に行ってみたりと大忙しでした。
具体的には胃が大忙しで、一晩明けた今も余裕で満腹で腹が痛い程度です。

というわけで今日は一日引きこもって、絶賛安売り期間中のシャドウコンプレックスをプレイ。
今日1日やれば、まあ終わるだろ!と思って始めたのですがこれがなかなか長い。
6時間やってマップ踏破率がジャスト6割。この計算だと今日中のクリアは到底無理です。

難易度はノーマルにしたためややヌルい感じですが、それでもメトロイド(やったことないけど)と月下の夜想曲を
足して割ったようなシステムはなかなか面白く、武器が徐々に増え、行けるところが増えていき、
マップを探索していく楽しみがこのゲームにはある。

一部3Dになっていて敵に弾が当たる当たらないの判断が瞬時に出来ないところはややネックながらも、
2D探索アクションを今風にアレンジした感じの作風は好感が持てる。
発売して速攻遊んだ体験版も相当長く遊べた記憶があるので、諸兄らは是非プレイをするといいだろう。
そして夜8時を回って未だに胃がつらい。腹が減っているのに腹が張った感覚。
どういうことなのか分からないが、とりあえず1日2件の大盛り店舗を巡るのはよしておこうと思う。

万福寺

2009年12月24日 23:48

満腹すぎて動けないので今日の日記はお休みします

散った100円

2009年12月23日 22:46

師走も過ぎ去ろうとしているこの時期、未だに黒いやつが出るこの家は燃やした方がいいと思います。(挨拶)

昨日はこちらで知り合った職場の人と飲みに行ったのですが、普通のおっさんがやってる居酒屋なのに
店のBGMが終始マクロスFの関連曲や魔理沙は大変なものを~とかが流れまくってて、
酔った勢いで歌い出しそうで危なかったです。そして何故あの店はひっきりなしにマクロスがかかっていたのか。

あとは久々に近所のゲーム屋を巡ってみたり。結構色々安くなってました。

・テイルズオブバーサス 1480円
・ピニャータ+フォルツァ2 1400円
・スト4 2400円
・ヘイロー3 ODST 2800円
・スパロボ学園 1380円


スパロボ学園の1380円が超安くて、かなり惹かれたのですが一旦スルー。
帰ってアマゾン見たら普通に2000円くらいはするみたいだし、やっぱり安かったんだなあと再確認。
明後日あったら買おうかしら。久々に見えている地雷に手を出すかもしれません。

あとなんか、様々なワゴンを渡り歩いてきた俺が生まれて初めて100円の360ソフトを発見
今までの360ソフト最安値が多分580円だか680円だかそんくらいだったのですが、圧倒的な記録更新。
もちろん即買いした。

…のですが、サッカーゲーとかやる要素無いし実績もクソムズイみたいだし、割とやる要素がない。
さようなら。俺の100円。

来月の仕事きまた

2009年12月22日 22:47

飲んで酔っぱらっているので本日の更新はお休みします

クソエニ

2009年12月21日 21:54

アトムの10万馬力とかいって、湾岸ミッドナイトとかの800万馬力の車に吹っ飛ばされて終わるんじゃなかろうか。
と思うんですが、そうでもないんでしょうか。マキバオーの小さな身体にF1エンジン理論なんだろうか。

MW2は40時間やってスペシャルオプス星48個取得。
1人でプレイ可能なミッションは残り5つなのですが、これが正直むずくてむずくて泣けるレベル。
チェックポイント的なものもないので死んだら最初からで、数十分が無に還るのが辛い。
今までのCODシリーズのキャンペーンのベテランは死んでも十数秒レベル~数分レベルの痛手でしたが、
流石に何十分単位でのロストは結構堪えるものがある。
この辺は2人プレイでサクッと消化してしまおうかなー。

あとはFFが150万本も売れたとか。
左右の分かれ道すらなく、町もなく、買い物はセーブポイントで、進めばムービーが起こりその先が目的地になる。
そんな俺がやったらブチギレそうな仕様のゲームですが、世間では大フィーバーです。
昔下から上にしか進まないオススメRPG(というシールを社員が貼って出荷した)である
里見の謎というゲームがありましたが、仕様としては思いっきりそれをリスペクトしたものです。

聞けば聞くほど里見にしか聞こえなかったので、適当にぐぐったら案の定2ちゃんでもFF13vs里見の謎スレが立ち、
一本道RPGといえばキングスナイトだろ!とか書かれてたりも。
そういえばスクウェアの誇る名作キングスナイトも、どう見ても縦シューでしたが、公式ジャンルはRPGでした。
なるほど、本作はキングスナイトのリスペクトだったのか・・・!

キングスナイト2を作れば300万本くらい売れそうなので、スクエニは是非出すといいです。
その前にCODクラシックをとっとと出すといいです。
スクエニにはマジ仕事をして欲しい。

~するといいだろう。(猛者通信用語)

2009年12月20日 22:55

昨日、星をみるひとの実況主がみんなゆとりで悲しいというようなことを書いた矢先なのですが、
色んな動画を漁ってみると凄い猛者主が居た。

TAS動画を撮りまくってるうp主なのですが、AVGNにも多数登場した名だたるクソゲーしかない。
TAO-道-、ランボー、シュワルツネッガーのプレデター、カケフくんのジャンプ天国スピード地獄、
ジキール博士の逢魔が刻、未来神話ジャーヴァス、星をみるひと、ゴルゴ13 第一章 -神々の黄昏-
などなど、もうクソゲーマニアが聞いたら垂涎のラインナップです。

普通にプレイするのですら心が折れるというのに、プレイを効率化し、TASにしていくその課程を想像するだけで
一体どんなマゾゲーマーなんだと唖然を通り越して感心してしまいます。
このうp主のマイリストにあるゲームはどれもかしこも、ただクリアするだけで賞賛の声を
浴びせられるほどのクソゲーばかりなので、是非諸兄らは挑戦してみるといいだろう。

ホットビィに明日を

2009年12月19日 21:22

ねつが でて くるしい

ので今日の日記は簡素更新で。
しかし、この「ねつが でて くるしい」の元ネタが分かる人ってこのブログを見ている人で何人いるんだろうか…。
恐ろしいことにこの「ねつが でて くるしい」で検索すると超上位に当ブログが来る程浸透していない用語ですが、
元ネタは超クソゲーと名高い「星をみるひと」というゲームから。

クソゲーフリークならもう説明する余地も無いくらい有名なクソゲーなのですが、
移動速度がドラクエの半分しかなく、その割に町の人たちは主人公の倍の速度で移動し、
序盤の敵も倒せる組み合わせが非常に限定され、その割に「にげる」のコマンドが無いため
倒せない敵と遭遇した瞬間にゲームオーバーが確定。
教会で復活という概念も無く、問答無用でタイトル画面に戻されるうえに、パスワードが異様に長く、
そのパスワードも不十分でパラメーターやアイテムがきちんと反映されない。

その他諸々ありとあらゆる要素で糞の固まりのようなゲームなのですが、
皮肉にもエミュレーターが普及した現在に至り、実は人間から迫害されたエスパー達(主人公)が、
異種生命体との共存を選ぶのか、それとも迫害を受けながらも人間社会に残るのかという、
ファミコン時代の作品とは思えぬ高度なSFシナリオを誇る作品であることが評価され、
有志でリメイク作品が作られるなど、無駄に評価が見直されたクソゲーです。

ニコニコで実況動画なども挙げられておりますが、どれも星を見る人=クソゲーという扱いをしている実況ばかりで、
あえて星を知り尽くして「序盤はふらっかが出なかったらほぼ終了。戦闘を終える度に回復とパスワード取得は必須。」
といったような、まるで全てを悟った賢者のようなプレイ動画が無いのは悲しいところ。

実況動画はどれも序盤のさわり部分で投げられてしまっていて、星をみるひとの攻略を真剣にやっている人がいない。
レベルが1上がるだけで体力が3倍に、さらに上がればさらに倍といった感じで増えていくので、
序盤でふらっかが出るのを祈りながらレベルを2つ3つ上げれば以後は行動不能になる「かりう」を喰らうか
序盤の最強ザコである「ふっかつしゃ」が出なければ、まず死ぬことは無くなる。

中盤でノーヒントで道に落ちている重要アイテムを取れるか逃すかという部分だけが運だが、
中盤以降はダメージが数十もないのに体力が万単位になるため死ぬ要素は無く、
軌道にさえ乗ってしまえばあとは移動の遅さに耐える忍耐のみ。
この忍耐が尋常じゃなく必要なのがまた問題ではあるのだが、あえてそれを貫く実況主が欲しい。
ゆとり世代の多いニコニコらしいプレイ実況ばかりであることには、ほとほと哀しみを覚えるばかりである。

…で、これのどこが簡素更新なんだろうか。

ゲームとゆとり

2009年12月18日 22:29

FF13が100万本突破したとか。やっと、やっと次世代機で100万本を突破するゲームが出てくれました。
PS3とか正直全然いらない子ですが、それでも素直に嬉しいです。
とはいったものの、今まで200万とか300万を平然と出していたFFでやっと100万だというのだから、
今の日本ゲーム業界が如何にゲームが売れないかが分かってしまい、改めてしんどいなーとも。

聞くところによると今回のFFは分かれ道すらろくすっぽない、超ガチンコの一本道ゲーだとか。
テイルズの戻ろうとしたら戻ることすら出来ないというのに超憤慨していた俺がやったら
怒りのあまりディスクを叩き割りかねない仕様です。

先日出たWiiマリオもWii史上過去最高の初日売上げでしたが、そのマリオも数回死ぬと自動的に
その面をクリアしてくれるゆとり機能が搭載されていましたが、今回のFFのゆとりさもガチのようです。
「なかなか戦闘のバランスが良い。○ボタン連打じゃ敵を倒せない。」とか書かれているサイトもあり、
プレイヤーの感覚がおかしいのか、それとも俺が時代遅れなのか分かりませんが、
俺がやっても楽しめなさそうだと言うことだけは確定的に明らかのようです。

ゲームは一体どこからこんなにもゆとりになってしまったのか。
俺が初めて買って貰った家庭用ゲームはボンバーキング、チャレンジャー、四人打ち麻雀という
ハドソンづくしでしたが、前者二つはクリアどころか1面や2面がクリア出来ず、後者はルールすら分かりませんでした。
それでも妙にそれが面白く、ただひたすらにプレイし、あれから20年以上が経過する今ですらクリアしていない。
そんなゲームは今では信じられません。

難しいとは言っても200回くらい死ねばクリア出来るし、売れ筋のゲーム達はそもそも詰まるという感覚がない。
いつの日からか、クリアできないゲームはクソゲー扱いされるようになってしまった。
こんな今の時代だからこそ、それに一石を投じるようなゲームこそ、今自分が求めているものだろう。

MW2厨

2009年12月18日 00:24

世間ではFFがどうのと散々言われてますが、FFといったらファイナルファイトだろjkと言わんばかりの生活を
物心付いたときからしてきたため、世間の波には全く流されず一人黙々とMW2をやっているわけでした。

なにやらあっという間にプレイ時間が30時間を超えていて、
キャンペーンのベテランをクリアしたり、スペシャルオプスも13個くらいクリアしました。
オンラインは未だに未プレイ。バランス悪いらしいけど、どうなんだろうかね。

スペシャルオプスも正直そこまで無理ってほどの難易度でもなく、まあ適度じゃないかなーくらいのレベル。
難しいステージは弾薬が無限に補充できたり、何かしら強い武器があったり、なんだかんだで救済措置がある。
1人でこんなもんなので、2人だったら多分ゆとりなんだろうなーとか思ってやってます。
MW2が面白いのでこんなところで!

嵐山家炎上

2009年12月16日 23:10

床が溶けた。

レビュー「HALO3」

2009年12月15日 22:32

Halo 3(通常版)Halo 3(通常版)
(2007/09/27)
Xbox 360

商品詳細を見る

実績コンプとまではいってませんが、一通りオフラインをクリアし、オンラインも遊び、
自分で満足する程度には遊び尽くしたのでヘイロー3のレビューを書かせて頂こうと思います。
プレイ時間は恐らく50時間程度。難易度ノーマル、レジェンドをそれぞれクリアし、オンラインもプレイ済み。
いわゆるヘイロー三部作は全くの初プレイで、今作初めてプレイしています。

■どんなゲームなの?
FPSというジャンルに興味がある人なら誰もが知っているであろう超有名ゲーム。
シリーズを通して世界で最も売れたゲームのひとつで、本作もまた1000万本以上の売上げを誇る超大作です。
HALOシリーズ3部作の完結編という扱いで、ストーリーも前作からの継続という形になります。
世界観は思いっきりSFで、複数の異星人達の種族抗争や、主人公達の地球を守るための戦いがテーマ。
武器もアサルトライフルやショットガンだけではなく、現代兵器とは一線を画すようなビーム兵器も多数登場する。

■ココが良い!
このゲームの最も優れていると思ったところは、遊び方が多彩であることだろう。
オフラインで1人で遊ぶもよし、複数名で遊ぶもよし、オンライン対戦に勤しむもよし。
難易度の幅も非常に豊富で、ノーマルやハードといった一般的な段階付けだけではなく、
様々な悪条件を付加することで、自分で細かくハードルを微調整していけるのがまた面白い。

最高難易度のレジェンドは過去に触れたゲームの中でも最高クラスに難しく、
デッドスペースやGOWとは比較にならない程難易度が高い。
明らかに複数名でプレイするのを前提に作られたような難易度調整で、敵の攻撃の大半が即死か瀕死なのに、
こちらの攻撃はノックバックもほとんど無く、何十発とヘッドショットを打ち込んでも倒れない。
明らかに理不尽な調整にも関わらず、何故か辞める気には全くならいのもこのゲームの不思議な魅力だろう。

銃声や目視によるCPUの反応も面白く、右側に注意を逸らしておいて、回り道をして左から攻め込むといった
敵の注意がどちらに向いているかを意識した立ち回りや戦略は非常に面白く、また理不尽な難易度を
上手く戦略立ててパターンを構築し、上手く敵を誘導出来たときの達成感は素晴らしいものがある。

■ここがイマイチ…
個人的な好みが大きいが、オンライン対戦が大味でイマイチ肌に合わない印象を受けた。
マイクロソフトゲームスの特徴なのか、Lトリガーによるエイム精度アップが無く、
見つけた瞬間に撃ち合いが発生し、体力が微妙に多いのでノーダメージで敵を倒すことが非常に困難で、
一対多数の状況を切り抜けるのが非常に難しい。
音楽も基本無くて寂しいし、マッチングもいちいち時間がかかって煩わしいのも難点。
初期装備が全員同じで、役割分担がしにくいゲーム作りも合わない部分だが、このあたりは好みだろう。

敵に弾が当たっているのか、ダメージを受けているのかというエフェクトが非常にわかりにくいのも難点。
特に遠くからの狙撃に関してはノックバックもほとんど無く、エフェクトも見えにくいためヒットしてるのか
どうかすら全然分からず、当たってるのかもよく分からず撃っていたら敵が倒れた、なんてことも非常に多い。
特に狙撃戦はノックバックすら分からないうえに、敵からの狙撃は即死なので狙撃戦はストレスが溜まった。

乗り物の種類が比較的多く、他のゲームと比較しても乗り物の操作性は良好ではあるのだが、
いかんせん乗り物が強すぎて、最強の乗り物に乗った瞬間に最高難易度でも簡単になってしまうのは考え物。
体力が通常の20倍くらいに跳ね上がり、大半の敵を一撃で葬る程の攻撃力を得る。
それまで即死で、敵に何十発も当てないといけなかったのが、全然死なずに一撃必殺。
こりゃ流石にバランス悪い気がしてならない。

■総評 80点
ゲーム的な完成度は高く、最終的には面白いと思えたからいいものの、
全体的に大味でバランスが良いとは言えず、何故ここまで売れているのかはやや疑問が残る出来映え。
シナリオに関してもイマイチついて行けなかったところもあるが、
これに関しては過去作品をやっていないので文句を言うのはお門違いであろう。

とはいえ、キャンペーンにしても対戦にしても、難易度や遊び方の間口が非常に広く、
初心者ゲーマーからコアゲーマーまで自分に合った遊び方が出来るという門戸の広さは流石の一言。
自分自身も、自分に合った難易度と遊び方を見つけてから面白いと思えるようになったし、
1000万を超えるファンを掴んだのはこの間口の広さに起因するところが非常に大きいのでしょう。

超大作かと言われると疑問符が付くものの、幅広い層に支持を受けているのは納得の出来映え。
オススメとは言い難いですが、無難に良くできています。秀作。

ダイゴ兵さんは放っておいても行きそうですが

2009年12月14日 14:25

ケイブ祭りの日は悲しいことに仕事が入っているものの、よくよく見るとコミケの日はフリーマンであることが判明。
とうとう、遂に、やっと、いよいよ、コミケに参戦するときがやってきたのかも知れません。
問題は一緒に行く人がいるかどうか。

同人誌とか高いし物理的な見た目も内容も薄っぺらくて買う要素ねーよ…と思っている俺としては
買い物する見込みもないコミケには1人だったら全く行く要素がありません。
めぼしいのは何人かいるけど、どーなんだろうかねーって感じで。
それでも、いっきアレンジCDや暴れん坊天狗グッズなんかがあったら買ってしまいそうではある。
シルバーサーファースーパープレイDVD(オリジナルラミカ付き)とかあったら2フレで買うね。

アレンジCD類なんかはすっかりショップは東方に駆逐されてしまっているので、
レトロゲームのアレンジCDなんかも普通に漁りたいなーという要望もあったりなかったり。
さらに、最近見るのは既存のゲームのキャラを変えただけのような糞同人ゲーばかりだから、
出来が悪くとも意欲を感じるようなオリジナルの同人ゲームなんかもあったら嬉しいなーとか。
なんだかんだで夢が膨らむ。財布は萎む。

細々とやってるであろうアイマスコーナーの年齢層を見に行ったりするのも楽しそうである。
そもそもアイマス最前線にいるような層はとっくにコミケなんて卒業しているようなやつらが多そうではあるが。
年末ワンチャンあるといっていたサンダースさんが参戦するとかになったら余裕で高まる。
ノープランで行ったらばったりエゾさんがいた!!みたいな展開に期待です。

おっさんは全然売ってなかった

2009年12月13日 08:47

あまり書かない仕事での小話。
仕事で急遽休む人が出たので、なんかリストラされたらしい59歳のおっちゃんが急遽ヘルパーに来た。
ボーナス直後ということもありその日は過去最高クラスに忙しく、社員の方は終始ひっきりなしに動き続け、
夕方6時を回ってもまだ昼飯にすらありつけてない人もいたほどだった。

そこでおっちゃんが休憩中に一言。

「前に似たような仕事してましたけど、なんか思ったより忙しくないんですねえ。」

…そりゃーリストラもされるわ。

…と思わざるを得なかった。

ゲイツと俺と

2009年12月12日 08:34

MW2が普通に面白い。かなり面白い。そしてCODクラシックを配信しないスクエニは滅ぶべき。

例によって2週目は最高難易度のベテランに挑戦してるわけなのですが、正直今回のはかなり簡単な部類。
いつもは1つのチェックポイントを通過するのに50回くらい死んで、2時間くらい余裕で詰まったりしてたのですが、
今回はひどいところだとストレートで通過出来るし、死んでも数回程度。

簡単さの要因のひとつとして、ベテランでは毎度おなじみの手榴弾地獄が無いところが挙げられる。
手榴弾がポンポンと投げ込まれ、その場に居たら死ぬので移動すると、見事にそこを射抜かれるという
一流兵士のような戦術をしてこられていたのですが、今回はそもそも手榴弾がほとんど飛んでこない。
なんというゆとり仕様。

味方の戦力自体も大分強くなっている印象も受けているし、
敵の視界に入ってから撃ってくるまでの時間も、かなり遅めになっている。
いつもなら、たった1人の敵を倒すにも視界に入った瞬間撃たれるので致命傷を負いながらなんとか
相打ち覚悟で敵を倒すといった感じなのに、今回はこそこそ進めばまず先手を取れる。
COD4のあの難易度はなんだったのか・・・。

■石村2発売決定
正直神ゲーだろこれ!!と思うほど面白かったデッドスペースの続編が発売決定。
これは無論買わざるを得ない。正直このゲームは過去にやったXBOXタイトルでも3番目に面白いです。
ちなみに1番はCOD4、2番はFallout3。共に神ゲーである。
四肢断裂表現こそが売りのゲームなので、そこをマイルドにはしないで欲しいところ。
日本で出ないのは仕方がないので、バラッバラのグロッグロにして欲しい。

■ロックマン10発売?
海外情報ながらも、雑誌に載ったのでかなり濃厚なセンで間違いなさそう。
9も相当面白い作品だったので期待せざるを得ない。
…と言いたいんだけど、意外と続編早くね?
とはいえ本来は大体毎年出てたし、8から9が11年以上かかってるからそう感じるだけかね。

■Shadow Complex値下げ予定
ギアーズでお馴染みエピックから登場した、洋風メトロイドことシャドウコンプレックスが半額予定。
800ゲイツとのことなので、残り900ゲイツの俺には買う要素しか無かった。
うーんしかし、ライブアーケードのゲームは本当に積みゲーが多くなってきた・・・。
手軽に出来る分だけ「まあ、後ででもいっか♪」くらいの気持ちが強いのがライブアーケードの難点であり良いところ。
ロードランナーやマスターD復活計画なんてまだ全然全くプレイしてない。
思いっきり半額に釣られるだけ釣られてそのままという、ゲイツに踊らされるユーザー丸出しである。

上から来るぞ!気をつけろ!

2009年12月11日 00:47

早くもMW2クリア。1週7時間くらいでしょうか。まあそんなもんだねーってくらいで。

最初は日本語がヘボくて絶望したりもしましたが、30分くらいで慣れたし、
最終的には「別に全然いいじゃん、これで」くらいに思えるようになったのでよし。
ゲームシステムは相変わらずですが、グラフィックの底上げや演出の強化などがされて、
キャンペーンモードのシナリオはかなり楽しめました。

なにやら今回は難易度ベテラン以外にもミッションモード的なものが搭載されているようで、
オフラインもかなり楽しめそうな気配がプンプンしてきています。
武器もかなり増えて性能が全く把握し切れてないので、オンラインデビューの下積みをこの辺でしておきたいところ。
しばらくはベテランとミッションをこなしていこう。

ちなみにミッションのひとつめが、もはや恒例とすら思える練習ステージの最速クリア。
COD4のときも相当やりましたが、今回も早速挑戦。
前作でコツを掴んだというのもありますが、動画等も全く参考にせず自分でパターン作っていたら
意外と早くクリア出来たのでちょっと物足りなさも感じつつ。
それでもコンマ数秒単位で少しずつ改善されていくパターン作りや、最適化されていく動きにしていくのは面白い。
明日以降のミッションはどんな感じなのやら。

そういえば全然関係ないけど、あるサイトで海外はターン制バトルタイプのRPGが嫌われているけど、
それはターン制の野球がメジャーな日本か、リアルタイムに動く野球がメジャーな海外かの違いだ、
的な事が書いてあって、思わず「あー、なるほど」とか思ったり。

XBOXで洋ゲーに触れるようになってから、この辺の国民性は結構面白いなーとよく感じていますが、
これについては書くと長くなりそうなので、一言でまとめると「CODクラシックを早く配信しろクソエニ」です。
せっかく北米ポイントまで用意しておいたのに!リージョンロックがかかっていて体験版すら落とせない!
なんなんだこの嫌がらせ!つーかスクエニ仕事しろ!!!1111

FPS DAY

2009年12月10日 18:50

朝起きてヘイローをプレイし始め、今もずっとMW2をやり続けている。まさにFPSデー。

ヘイローはとりあえず概ね終了。
通常モード、最高難易度、悪条件付加でのスコアアタックと、3種類やってきましたが、
総計50時間くらいやってやっと面白いと思えるようになりました。
面白いと思うまでここまで時間がかかったのはオブリビオン以来。
オブリも初回プレイが正直全然面白くなかったのですが、久々のプレイでサブキャラクターを作ってみたら、
そのサブキャラクター(魔法使い)がかなり面白く、一気にクリアまでプレイしてしまったという。

ヘイローは大味ながらもその人にあったプレイスタイルや戦略が立てられるところが面白く、
悪条件付加も含めるとかなり難易度も自分に合わせてプレイできるのが良いところでしょう。
極悪と思えた最高難易度にさらに敵強化やら自分の弱体化やら、色々つけれちゃうんだから凄まじい。

新作CODも3時間くらい既にプレイ。
開幕の画面輝度調整の画面で「よく見える」と画面に大きく書かれていて、
その文字の濃さで輝度調整するあたりから暗雲が立ちこめ、メニュー画面のショボさに絶望を覚えたりしましたが、
普通に面白いので良かった良かった。

ただ、序盤ステージの民間人大虐殺ステージで、味方が問答無用で民間人を殺しまくってるのに、
自分が民間人を殺すとゲームオーバーになり、結局ボーッと味方が殺す姿を見つめるだけなのは意味不明。
スクエニの微妙なローカライズはなんとかならんのかこれ…。

あとはヘイローと操作を間違えまくってしまうのが難点。
特にリロードがXボタンなのに、ヘイローのクセでRBを押してしまい手榴弾を投下してしまうのが悲しい。
そして手榴弾のタメる加減もすっかり忘れてしまっている。
武器も結構変わってるしオンラインデビューしたら瞬殺されるペースです。
出来れば今日中にオフライン一週終わらせたいけど…さてさて、どうなることやら。

出かける前の5分間日記

2009年12月09日 09:08

XBOXのゴールドメンバー期間があと12日で切れてしまうので、仕方が無くアマゾンに更新カードを発注。
MW2のオンラインが評判悪いので、どうしよっかなーとモチベが低かったのですが、
よく考えると虫姫さまのリプレイ落としたり、スト2対戦したり、意外と使っていたので発注せざるを得なかった。
金がないのに5000円の出費は痛いなー。

そして明日は新作CODであるMW2の発売日。
アマゾンからは既に発送しましたメールが来ているので、問題なくは届きそうなのですが、
問題は予定を既に入れてしまっているので受け取れるかが微妙であることと、
日本語版の評判も海外のオンライン戦の評判も微妙すぎて、相当モチベが低いことだろう。
ヘイローがどういうわけか、40時間くらいやり込んだ今になってやっと面白くなってきたため、
もしかしたらヘイロー優先でやるのかもーというくらいの勢い。
逆にMW2が迂闊に面白かった場合は問答無用でヘイローに戻ってこれなくなるのでなおさらである。
とはいえ、なんだかんだいいつつ猿のようにやるのでしょう。
理想は速攻売り払って北米版ゲットだが…さてさて。

あと、スト2HDもあっという間に実績コンプ。
外人の負け切断が超多くて哀しみを背負っていたのですが、なんか負け切断はこっちの勝ちカウントに扱いのようで、
100勝しろ!という実績は皮肉にも切断されて達成しました。
なんかこう・・・やった!みたいなのが全然無い解除だ・・・。
スト2は非常に面白いので継続してプレイは確定。
気軽に出来て対戦相手にも困らない格ゲーのなんと素晴らしきことか。

とまあ、そんな感じで出かけてきます。

アマゾンとまずいラーメン屋

2009年12月08日 21:13

アマゾンプライムの無料期間に登録しておいたら、なんか放っておくと確認も何も無しで
勝手に継続されてクレジットに請求が来るという糞仕様であることを知り、
バッチリクレジット請求に記載されていたので「なんじゃそりゃー!!」とアマゾンに文句を付ける朝。

ちなみにアマゾンプライムは1500円未満の送料が無く、お急ぎ便も自由に使えるサービス。
一見便利なんだけど、1500円未満の注文なんて俺は全然しないし、お急ぎ便も無くても北海道より余裕で早く着くので
正直現状に文句は無く、むしろ年間約4000円という利用費用の高さの方が気になる微妙なサービスです。

1ヶ月無料キャンペーンに申し込むと、どうやら放っておくと継続されますよ^^という内容が
わざわざ薄い黒字で記載されているようで、詐欺とか罠とか世間では言われている様子。
基本的に1年間解約は出来ないのですが、文句付けたら返金と解約出来たという事例が多く載っていたので
試しにやってみたら、一応11ヶ月分の返金には応じて貰えました。
400円のダメージはややもったい無いものの、早めに気づけたからよしとする。

今も本配送無料!!とかやっているけど、何かしらの罠が張り巡らされているのではないかと疑心暗鬼です。
アマゾンで糞だなーとは思っても、今まで騙されたと思うような事は無かっただけに、
今回のは結構良い教訓になりました。諸兄らも注意するとよいでしょう。

注意といえば、先日豚骨ラーメンを頼んで大失敗した油そば屋にリベンジしてきました。
今度は店の売りになっているという油そばをきちんと注文。

…したのですが、なんというかこう。

一言で言うと「全然うまくない」といいますか。

後味で言うと「まずい」といいますか…。

油そばとは、要するにスープ無しラーメンなのですが、油でギトギトかつ色が黒くなって如何にもくどそうな麺は
油が凄い割に味がとてつもなく薄く、調味料で各自味を付けるというスタンスなのですが、
結局元の味が無いため調味料の味にしかならない。
なんというかこう、札幌にあったプレーンな麺に調味料で自分で味を付ける焼きそば屋を劣化させたような、
それでいて800円以上する価格であることに驚きを隠せないというか。
間違いなくあの店はもう二度と行かないでしょう。
油そばというものも、今後食うときには全く期待をしないでしょう。

北海道の味が恋しい・・・!

実績厨ブログ

2009年12月07日 20:23

実績がとうとう3万を超えた。
なんかもう1万までは長かったけど、あれよあれよという間に2万越え、そして今回3万越え。
2万行ったときは「もう大体一段落した感があるなあ」とか思ってたのですが、
なんか意外にサクサクッと3万になってしまった。

実績もガツガツ取るプレイをしているつもりはないんだけどなーと思い見直してみると、
確かにここ3ヶ月くらいの間にCOD2、オトメディウス、バイコマ、ドリクラ、デッドスペースと
サクサクッと実績を1000にしていて、それだけで5000増えてるんだから割と納得。
さらに一時期3000くらい差付けられてたグローさんの実績もまた抜き返してしまっている。
牙の抜けた実績勢のグローさんはもはや終わってしまったのか。
実績のためだけにギャルゲーをひたすら早送りして実績を増やしていた彼の日々が懐かしい。

そしてヘイロー3もレジェンドをクリア。
正直あんまり楽しくは無かったのですが、後半は意外と簡単…とまでは言わないものの、
序盤から中盤にかけての鬼畜ステージよりは随分楽なステージが多く、割合楽でした。
とはいえ、歴代FPSの中ではダントツクラスにむずかった…。

パターンがある程度出来るまでは数秒で死に、パターンが徐々に出来るまでも数十秒から数分で死ぬので、
本当に何百回死んだか分からないくらい死んだ。
死にまくった割に心が折れることも全くなく、不思議とプレイしてしまうのはヘイローの魅力なのだろう。
そして収集物を集めてスコアチャレンジに突入したのですが、こちらはなかなか面白い。
ヘイローで初めて面白いと思えているかもしれない。

弾薬が半分、敵に居場所を常に知られている、マップが無い、敵の体力が倍…などなど、
様々な悪条件を付加することで、スコアの倍率が上がるのですが、これがなかなかシビアで良い。
ノーマル難易度でも相当手応えのある難易度になり、ハードルの上げ加減を自分で調整しながら、
なんとか規定のスコアに出来るようにするというのが面白い。
試しに1面を何個か悪条件を付加してプレイしてみたら、5回くらい死んで規定スコアも届かず。
こりゃーなかなかやりごたえがある。悪くないぞこれ。

しまむら

2009年12月06日 22:30

風邪を引き始めたようで、どーにもねむーい感じです。
明日は暇な日なので寝ておこうーというプレイに走りたいのですが、
いい加減この糞な家から出る時期が近づいてきたので、家を見にいこうかなーとかなんとかそんな感じ。
ちなみに今日家を出たらすぐ目の前に直径50cmくらいの蜘蛛の巣が出来てました。
なんで虫さんこんなにおるのん・・・?

そういえば昨日行ったつけ麺屋に二夜連続で言ったら、オタクがゲームの話とかアニメの話とかしていた。
その中のひとこま。

「いやー今はきらめき高校の生活で忙しくってさー」
『あれってステータス管理とかラブプラスと同じなんでしょ?』
「そうそう、そんな感じ」

…なんの変哲もない会話のように聞こえるかも知れない。
しかし、あたかもときメモのステータスがラブプラスからスタートしたかのような物言いは、
思いっきりときメモで育った俺からすると次世代を感じてしまう会話でしかなかった。
これが…次世代…!

食にまつわるエトセトラ

2009年12月05日 21:42

納豆風ドロップがまずすぎて、昨日は日記をお休みさせて頂きました。
友達が京都土産とかいって買ってきたドロップなのですが、販売業者を見ると思いっきり
「北海道石狩市」とか書いてあったりして、その時点で怪しさがプンプンしてきて仕方がない。

食べてみての感想はなんというか…納豆にコーヒー牛乳混ぜた味…とでもいいましょうか。
なんとも耐え難い風味と微妙なネバネバ感が再現され、はんだやの飯の方がよっぽろ美味いと思える出来。
かなりたくさん入ってるのですが、これ正直1人で消化するの無理だぞ…。

人の話によると、塩ラーメンドロップや餃子ドロップといった類似品もあるとかないとか。
特に塩ラーメンドロップの糞まずさが凄まじいとかそうでもないとか。そうでもあるだろ。

哀しみを背負ったので、今日は地元で気になっていたつけ麺屋「三ツ矢堂製麺」に行ってきました。
つけ麺という邪道ラーメンなうえに、さらに柚子風味を売りにしている店で、
さらに個人的に嫌いな魚介風ダシまで加わるという神仕様のため、全く期待をせずに入店。

…したのですが、これがなかなか良かった。
柚子の風味を活かしたスープの味がなんとも絶妙で、次郎を彷彿させる麺や角煮チャーシューの完成度も高い。
ボリュームも満点で、大盛り500グラムまでは無料だし、プラス100円で750グラムも食べられる。
スタートラインの価格が780円と割高ではあるものの、最後の〆のスープ割りで飲んだスープも、
魚介とカツオのダシが活かされて、そこに立ちこめる柚子の香りと味がなんともいえず美味。
オシャレラーメンにありがちな「プハー!食ったぜ!!」感というか、そのあたりの物足りなさは否めないものの
750グラムも食ってもう完全に満腹なのに、もうちょっと食べたいなと思わされる味は見事。

ラーメンというよりは何か別の食べ物という感じなので、ラーメンとしてはやや物足りないものの、
川越市近辺で初めて「お、これは美味いぞ!」と思える一品。
都内にも何件かあるようなので、都内諸兄は是非行くといいだろう。
そして納豆風ドロップを制作した工場は崩壊するといいだろう。

FF13とかいって間違いなく記憶に残らないだろjk・・・

2009年12月03日 21:59

世間ではマリオの発売日だー!わー!
とかなんとか、クリスマス商戦が始まっているようですが、俺はマリオをよそ目にスト2やっています。
もう20年になろうかというゲームなのに、なんだかんだで面白い。

昔から思っていることですがストリートファイターⅡというゲームは本当に完成度が高くて、
格闘ゲームの開祖的なゲームとして考えると神のようなゲームだといつも思っています。
確かに初代スト2はキャラクターのバランスが悪い部分や、ハメやピヨり→ピヨりコンボなどもありますが、
肝心要の対戦の駆け引きの基礎や、今見ても十分クオリティが高いと思えるドット絵、
20年経っても未だに飽きることのないBGM、バグが神のように機能したキャンセルという概念や
めくりなどのテクニックも盛り込まれ、ケズりなどのシステムも含め、そのほぼ全てが今の今まで引き継がれている。
バグまでプラス方向に働いている部分が多く、北斗の拳のような神懸かり的な調整がされている。

初代作品にしてここまで完成度が高いゲームは割と珍しく、
RPGの元祖のような存在であるドラクエもどこか荒削りで、今見ると物足りなかったり、
会話などのシステムが未熟だったり、流石に今見ると見劣りする部分もあるのですが、
スト2はそのあたりが極めて完成度が高い。

このあたりはアクションゲームにおけるマリオもいつも思うことで、
スーパーマリオブラザーズというゲームも、ドンキーコング、初代マリオブラザーズという地盤があるとはいえ、
異様なまでに完成度が高く、今見ても十分に遊べる内容であるというのが本当に凄い。
任天堂はゲーム作りが本当に上手く、スーファミのマリオワールドもスーファミ末期作品と比べても
なんの遜色もなく、今やっても十分に楽しめる内容なのが凄い。

グラフィックや小手先のシステムには頼らず、純粋なゲームとしての面白さがそこにはある。
今のゲームは確かに綺麗なグラフィックもあれば、凄まじいインパクトを持つ作品も少なくはないんだけれども、
10年後、20年後にプレイしても楽しめて、そのときも神ゲーだと言い切れるのか、
20年後に「今見ても凄い」なんて言えるのか、そのあたりには正直疑問を感じる部分も少なくありません。

これ以上書くと、もうすぐ発売を控えたFF批判とかに繋がりそうなのでやめておきますが、
もっとそういう、20年後も凄いと思えるような、グラフィックとかじゃない部分で勝負しているゲームを
1本でも多く出てくれればなーと思ったり。

貧乏暇あり

2009年12月02日 20:58

スト2HDが失禁レベルで面白い。
面白い過ぎるんだけどマジ!誰だこいつを日本で出さないとかいうやつは!
ぶっころしてやるよ俺が!海外ゲーじゃねーからこれ!
こくじんさんも思わず言い放つ面白さ。こくじんやってるのか知りませんが。むしろ多分やってない。

実家からサターンPSパッド持ってきてないのが本当に悔やまれる。
PSコンなのでちょっと操作しにくいですが、ゲームとしては非常に良作で、
日本人も多いのかラグも想像以上に少ない。さらに上手いプレイヤーも多く、余裕で負けれる。
いやーこれは良作だ。

逆にバッドなニュースも。それは何か。
単純なことだ。金がない。とてもない。

ボーナスを僅か3日で全て使い尽くすなど、浪費家で知られる俺ですが、
正直人生で真剣に金の工面に困ってきたなーというのは割と人生初だったりも。
とはいっても、自分の中の限界値を軽く超えただけで何もしなくても生活をする程度の余力はあるし、
借金とかは死んでもしない…と思いたいのでなんとかなるとは思いますが。
一時期のサンダースさんやミウラさんよりは余裕です。

どこかの国の偉い人がサラリーマンって大変なんですね・・・年収1000万くらいですか?
とかなんとか言ってたそうですが、その半分で良いので年収が欲しいでござる。の巻。
前転さんとかなんであんなに余裕で生活出来るんだろうかー。

金がマジ無い

2009年12月01日 21:45

とうとう朝っぱらからドムが登場した。しかも今までと違う場所に。
俺が部屋にいるのに出てきたのは初めてで、もうどこから登場するか判らないし、
部屋にいても奴らはのうのうと出てくる。怖い。怖すぎる・・・!

あとはペソペソとヘイローやったりとか。
糞ムズイなーまじでーとか思ってたレジェンドもあと3ステージ。
躓きながらもぽつぽつ進んでます。問題はクリアの達成感が全くないんだよこのゲーム…。
1面の終わりがわかりにくいので、ついつい進めてしまうのは良仕様とも取れるのですが、
やった!!やっとクリアしたぞ!!!というあの感覚が無い。
イマイチ敵を倒す爽快感もないし、つまらなくはないけど世界的にあんだけ売れてる理由は全く判らない。
うーん、なんなんだろうこれは。

次はCODのMW2なんだけど、なんか日本語だとかなんとか・・・。
バイオショックとは逆であれは英語だから良かったのに、なんて分かってない変更なんだ・・・。
ステーンバーイ・・・ステンバーイ・・・ゴッ!!

そしてヤフオクも相変わらず音沙汰無し。
支払いから48時間以内に発送しますとかなんとか書いてあるのに、もうすぐ4日になりそう。
一体どういうことなんじゃーまじでー。

あとそういえば、みつどもえアニメ化だとか。
大先生に誕生日プレゼントとして貰って以来、まあまあ面白いから惰性で買っていたらとうとうアニメ化。
まー、チャンピオンでアニメになるのはこれかイカ娘だろうからなあ。
当ブログは画力はプロ並だけど、漫画のセンスゼロのイカ娘の作者を応援します。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。