スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チーターマンⅡ

2011年01月31日 00:49

なんか知らんけど転勤が決まった。
移動は明後日から。
日付変わってるので実際はもう明日から。


・・・・・急すぎだろ!!!!!!!!!!!!!!!!!


勤務先は恐らく再び有楽町。というか有楽町じゃねーといかねー!!!とダダをこねている。
しかもゲームコーナーじゃねーといかねー!!!とダダをこねている。30も近いというのにこの有様である。

何が痛いって、今の店の主任とかと超仲良くなったおかげで
アイマス2の特典を横流し(中略)して貰える予定だったのが、気軽に頼めない環境に逆戻りしてしまったり、
ワゴン入りソフトの前情報を事前に入手して大量にキープ(中略)積みゲーを増やしまくったりというのが
全く持って出来なくなるというのが痛すぎる!!!!1

いやーもー。色々関係気付いてきたのがまたやり直しかよーみたいな?そんな感じです。
ちなみに余談なのですが今回はなんか引き抜きみたいなのに巻き込まれた感じです。
なんかもー、先方からもくれくれって言われて大変だし、店側からは主任を始め多数の方から大反対を受け、
なんだこのモテ期は!?いらねえしこんなの!?と嬉しくない悲鳴でした。
俺はただ・・・アイマス2の特典が欲しかっただけだというのに・・・。どうしてこんなことに・・・。
スポンサーサイト

キングコング2 怒りのメガトンパンチ

2011年01月30日 02:01

祝!PP4000突破!!

というわけでここ最近毎日毎日スパ4やってたのですが、とりあえずの目標であったPP4000達成が出来ました。
一瞬越えただけで3500~4000付近をふらふらしまくってるのですが、ひとまずの成長と言えるでしょう。
もう結構やってるのですが、未だにソニハリ抜けられるウルコンがどれなのかよく分かってなかったりして、
例えばいぶきとか、ベガとか、ダンとか、ゲンとか、その辺の突進系とか軒並みよく分かってません。
そして出た結論が「ソニハリを重ねるのをやめる」だったのですが、割とこれが悪くない感じです。

さて、前置き長くなりましたが久々に格ゲー日記とかでも。
今回は個人的にきついキャラ特集。

・フェイロン
正直一番きつい。適当にセビ張られるだけでも辛いし、リバーサル烈空があるせいでソニック重ねられない。
セビのリーチとダッシュで無理矢理近づいてからの昇龍二択や、適当な中間距離からの烈火がマジしんどい。
接近時のラッシュも終わってるし、本当に勝率が悪いキャラ。なまじ多いのが困る。

・ダルシム
勝った記憶がほとんどないほど終わってる。
トロワさんに聞いたら「強パンにセビしてください( ^,_ゝ^)」みたいな感じでしたが、
全くそのアドバイスを活かすことも出来ず終了。立ち回りが本気で終わってる。どうすりゃいいんだこいつ…。

・ケン
勝率は4割くらいかなー5分あるかなーくらいなのですが、出の早い中足や6中K等から
無理矢理近づかれる戦法が辛い。それは確かにケンのスタイルだから全キャラ辛いのは分かるのですが、
密着戦がダルシムの次くらいにしんどいのでとにかくきつい。
大幅リードしててもワンチャンで殺されることもしばしば。

・ゴウキ
オンラインでは最近強い人が軒並みアーケードに移ってしまい、
今の中堅層レベルだとそこまででもないのですが、じっくりと飛び道具合戦出来るゴウキは相当辛い。
ワンチャン事故から怒濤の接近戦になり、逃げも豊富なので体力リードを取り返しにくい。

・サガット
なんだかんだで勝率が悪い。飛び道具の性能が比較的高く、もつれたところからの昇龍暴れは驚異。
対空の射程が長く、飛び道具合戦でガン有利を付けられないため体力リードを取り返すのが辛いキャラ。

・さくら
ケンとほとんど同じ理由できついキャラ。勝率は悪くないけどワンチャンで殺されることも多い。
空中竜巻をうまく使えるさくら戦は絶望を覚える。

・ダッドリー
人口が少ないから対策が分からない、対空が機能しない、ソニック抜ける、ラッシュが強すぎる、
勝率がなにげに終わってるくらい悪いキャラクターがダッドリー。
こいつはほんとどうすればいいんだろう・・・。

・ディージェイ
使用人口は少ないが飛び道具合戦で五分の戦いが出来る上に、ガイルよりひとまわりラッシュが強力。
ガイル同キャラ戦みたいな状態によくなるくせに、体力リードのひっくり返しやすさはディージェイ有利という。
EXソバットでソニックを抜けるのも要所でうざい。

・ブランカ
有利っぽいんだけど接近手段が豊富で対空が機能しにくい場面もちらほら。
サプライズフォワードからのワンチャンラッシュでそのまま殺されたりも。
ただローリングがソニハリ確定くさいことに最近やっと気づいたので、有利なのは間違いなさげ。

・キャミィ
どうなんだろうなーと思うのですが多分若干不利じゃないかなーって感じです。
立ち回りは全体的に有利なのですが、いかんせん急降下キックが強い。なすすべもなくやられる場面も多い。

全体的に言えるのは「ラッシュをしかけられるキャラが辛い」、「立ち回りで五分以上のキャラは辛い」の2つ。
このどちらか、もしくは両方を両立させている糞キャラ(例:ゴウキ)なんかは本当に辛い。
まあ、とりあえず次は4500目指してぺそぺそやりますかー。

漫画「アイアムアヒーロー」

2011年01月29日 00:16

アイアムアヒーロー 1 (ビッグコミックス)アイアムアヒーロー 1 (ビッグコミックス)
(2009/08/28)
花沢 健吾

商品詳細を見る

ア イ ア ム ア ヒ ー ロ ー が お も し れ え !
病院に行って待ち時間があまりにも長いので1巻を読み、面白すぎて待ち時間中に2巻を買い、
まだ待ち時間が終わらないので本屋に走って3巻も買ってとりあえず読みましたが、これは面白い!

ルサンチマン、ボーイズオンザランと続く花沢漫画ですが、序盤のノリはあまりにもいつも通りの花沢漫画。
冴えなさすぎる主人公の、どうしようもない人生がひたすらに続きます。
何故この作者はいつもこんな主人公にしてしまうのかと思わされますが、
作中にある「人間味のある主人公を描きたい」という漫画家主人公の発言は作者の思いを代弁しているのでしょう。

しかし、ある瞬間からいつもの花沢漫画とは全く方向性が変わってしまう。
一体これをどうやってネタバレ無しで伝えればいいのか分かりませんが、その衝撃たるや、
タクティクスオウガ1章の選択肢や、ライブアライブ中世編ばりの衝撃力。

いやーもう。既に表現の限界に達しているのでこれ以上は書けねーよ!!という状態なのですが、
今後の展開が本当に楽しみな漫画。本気で一体どうなってしまうのか。
3巻まで読みましたが物語の着地点も今のところ全く見えておらず、終わりどころも非常に楽しみ。
花沢漫画ファンならもちろん、全ての漫画ファンにオススメできる作品になりえる作品です。

まだまだ結論を出すのは早い漫画ですが、久々に衝動書きとでも言いますか、
これはすげー!と思わされてしまう漫画です。オススメ!

いっき

2011年01月28日 00:30

なにやら新型PSPが発表されたとかで、世間的には盛り上がっているようです。
凄い機能がどしどし付いて、PS3の移植すら可能なスーパースペックだそうで、
なんだか「すげええええええええええええええ」とか「3DS終わった」とかそんな風潮すら一部ではある様子。
・・・なんですが、個人的にはどーなんだろなーって感じだったりします。

3DSが出るから仕方がない部分もあるのでしょうが、そもそも根本的に
何故過去最高にPSPが売れている今この時期に次世代PSPを出さなければいけないのか。
PS2が最高に売れていたのに、XBOX、Wiiの登場に相次ぐ形でPS3を出し、完全失速した過去を忘れてしまったのか。
あの失速を取り返すのに実に5年。PS3がやっと時代に乗り始め、PSPは黄金期が近づいているこのタイミングで、
PS3並の性能を誇る携帯機なんて出してしまったら、PS3もPSPも完全に終わりなんじゃなかろうかと。

さらに、容量の問題や違法コピーの問題もあるので
仕方がない部分もあるのでしょうが、何故PSPとの互換性を排除してしまったのか。
GBA、PS2、DS、XBOX360、Wii、PS3、そして3DS…今の時代、過去の財産が活用できないゲーム機は存在しない。
いわゆる次世代機以降で互換が無かったのは、ドリームキャストと2世代目以降のPS3、そしてPSPgoくらいだろう。

互換の無さはハードが仮に失敗してしまった場合の保険にもなり、
ユーザーに安心感を与えるだけではなく、ゲーム機を複数台持たなくて良いという物理的なメリットもある。
売れるようになるまで2年~3年以上かかる現在のハード事情を考えると、これは大きなマイナスポイントで、
純粋新型機用のソフトが出揃わないと勝負が出来ないというのは非常に厳しいところだろう。

根本的な問題として、ゲーム機はスペックじゃねーんだよ!!!ということも忘れてはいけない。
世間的には大成功を収めたWiiやDSは決してスペックは高いゲーム機ではないが、
ユーザーに新しい遊び方を提示したおかげで成功を収めることが出来た。

玩具屋の任天堂と技術屋のソニーという違いは確かにあるのだが、
「スペックをこんなに高くしました、すごいでしょう^^」というソニーのあり方は非常に疑問が残る。
さらにいってしまうと、それに対して「すげええええ!!!!」とか言ってる自称ゲーマーも、
ゲームとは一体どういうものなのかを過去20年程度の名作を100本程度やってこいと言ってやりたい。

店で発表の報を聞き、正直ショップ側の人間の大半が「これってPSPgoの進化系なんじゃ・・・」と
マイナスな捉え方をしたのとはまるで対照的に、いろんな日記やサイトを回ってみるとプラスの捉え方が多く、
面白いほど印象が違い、ある種首をかしげてしまう発表でした。

ソニーの歴代ゲーム機は大抵冬に、しかも生産が追いつかない形で発売されていたわけですが、
今回は果たしてどうなるのか。モノ売るってレベルじゃなくなるのか。
色んな意味で期待です。

クインティ

2011年01月26日 03:15

パソコンを買ってきた。
秋葉原まで行ってきて、何故かツクモのBTOモデルを注文するというまるで意味のないプレイをしたあげく、
しかも帰ってきてからドスパラで組んだら5000円くらい安く組めることが発覚。みぎゃー。
構成的にはCore i5でグラボは中の上くらい、おまけに2TBのHDDも買ってトータル9万ってところ。
まあそんくらいじゃないのかなーって感じですか。

あとは掃除機と電気カーペットを購入すれば安泰なんですが、
今月出費が少ない!やった!とか思ってたら、一瞬で10万くらいすっ飛んでいるという罠。
なんか先月人がうじゃうじゃ来ていたり、でっかい空気清浄機買ったりしたせいか、
普段6000円くらいだった電気代が12000円も請求が来ていることにも気づき、家計は火の車に。
どうして一体。なぜ。どうして・・・。

とりあえず部屋を掃除してパソコンがいつでも導入できる状態にしたり、
アイマスを見て録画してブルーレイまで見れるようにPS3&トルネを買っておいたりしないといけないし、
もうなんか色々と買わないといけないものだらけだにゃーとかそんな感じです。
にゃむにゃむ。

痛快GANGAN行進曲

2011年01月22日 00:31

職権濫用とでもいいますか、3DSをいち早く触ってきました。
いち早くとは言いつつも先日幕張で体験会とかあったし、全然普通よりちょっと早いくらいではありますが。

さて、正直舐めてかかってた3DSですが、いざ予約が始まるとうちの店でも数百という人間が並び、
○×△□本という予定台数を上回る予約数がたった1日で来たりして、一瞬で予約打ち止めという有様。
壮絶にこけると思ってたのになんか本当にこけるのか心配になってしまうほど。

そんな3DSですが、個人的には「ただゲームが立体的になっただけじゃねーかよ・・・」と思っていたのですが、
実際にプレイしてみると本当にただゲームが立体的になっただけでした。
しかし何が凄いって、それだけなのに凄い衝撃を受ける。
犬やら猫やらが立体的になって動いてるだけなのに、凄まじい衝撃。
それをタッチペンでこねくり回すと、それに対して3Dのイヌネコがリアクションを取る。
それだけで。たったそれだけで凄く楽しい。なんだこれ凄いぞホントに。

こういった衝撃を、文章であるとか映像であるとかそういったモノで表せないのが3DS最大のネックであり、
そのあたりがどうなるかっていうのが問題ですが、正直色んな側面で舐めていた3DS、意外と凄い。正直凄い。
明日あたりから主要都市大型店ではプレイできる場面もあるかと思うので、諸兄らは是非プレイすると良いだろう。
いやー、割とすごいよ3DS!

レビュー「TERMINATOR SALVATION(ターミネーターサルべーション)」

2011年01月19日 14:01

TERMINATOR SALVATION(ターミネーター サルベーション)TERMINATOR SALVATION(ターミネーター サルベーション)
(2009/09/17)
Xbox 360

商品詳細を見る

ワゴンで980円で購入し、5ヶ月くらい寝かせていたのですがやっとプレイ。
そしてたった2日で軽くクリア。プレイ時間は5時間程度。1周のみハードでプレイ。
原作にあたるターミネーター4をこれをプレイするためだけにDVDを借りてきて、見終わった直後にプレイです。
ちなみに原作映画は初代から4まで一応全部見ています。
では早速レビューしていきますかー。

■どんなゲームなの?
同名の映画とタイアップした、海外ではよくある映画ゲーです。
キングコングとかバットマンとかアバターとか、海外は結構この手のゲームが多いですが、そんなゲームのひとつ。
本作は一応ターミネーター4の本編に繋がるエピソード1的な作品なので、
一応映画を見ていなくても楽しめるようになってるっぽいのですが、正直原作を見ていた方が楽しめそうです。
ただ問題は原作映画の出来映えが非常にイマイt(ry

■ココが良い!
原作に使用されているBGMがふんだんに使われており、もちろんターミネーターの歴代テーマソングである
「ダダンダンダダン!」も頻繁に使われていて、ターミネーターファンには嬉しい演出。
グラフィックもほどほどに綺麗で、ジョン・コナーなんかも非常によく似ている。
敵キャラも原作準拠であるため、原作を見たプレイヤーも思わずニヤリとしてしまう。
このあたりの「原作モノなら抑えておいて欲しい所」に関しては非常に良くできているのが
このゲームで最も評価できるポイントだろう。

また、アーミーオブツーのような味方との連携プレーもなかなか面白い。
ただの人間である主人公達はターミネーターと正面からぶつかり合っても全く歯が立たないため、
敵の側面や背後を上手く取りながら戦う必要があり、そのあたりの動きを考えながらプレイするのは面白い。

■ここがイマイチ…
ただの人間であるから仕方がない部分もあるのだろうが、主人公の動きのもっさり具合が凄まじい。
移動もダッシュや屈み動作などがなく、ギアーズのような壁張り付きや壁から壁への移動についても
ギアーズの半分くらいのスピードしかなく、わからん殺しも少なくない仕様にも関わらず、
チェックポイントがかなり手前に存在するシーンも多く、死んだときのロードの長さや、
会話等のショートムービーが飛ばせないあたりは、非常にイライラするポイントだ。

また、敵や武器のバリエーションが非常に少なく、敵は通常3種類、全部合わせても5種類程度しか存在しない。
確かに原作にも敵は3種類程度しかいなかったが、流石にこれでは敵の攻撃バリエーションに限界があり、
こちらの武器も4種類(+グレネード)程度しかないため、こちらの戦術も非常に幅が狭いものとなっている。
ゲームの難易度も低めで、繰り返しプレイ要素もなく、ワンプレイも短いため、
ゲームとしての奥深さは正直感じられないところは大きなネックだろう。

■総評 60点
ゲームとしては2流どころか3流程度の出来映えだが、原作モノとしては評価できる部分が多い。
ショットガン一撃で飛行ターミネーターが撃墜できたり、T-600がRPG2発で堕ちたりする部分はゲームとはいえ、
また、原作もそうだったとはいえやや残念な部分もある。

ターミネーターの面白さを支える根幹部分が「圧倒的過ぎる強さを持つ殺人兵器のプレッシャー」であるのに、
原作にしてもこのゲームにしても「大量にいる敵のうちの1体」でしかなくなっているのは残念なところだろう。
せめてゲーム版では、どうしようもない強さの巨大兵器など、何かしらオリジナル要素が個人的には欲しいところだ。

とはいえ、原作で納得できなかった「ジョンコナーに対しての周りの異常な信頼」について、
このゲームはかなり説得力を持たせてくれる内容であった事は非常に評価できたりと、褒められる部分もある。
ゲームとしては3流だが、原作モノとしては決して3流では無い作品と言えるだろう。
980円で買った事を考えればそこまでの駄作ではない。60点。

トバル2

2011年01月14日 09:31

タクシーにて
俺「○○まで3000円でいけますかねえ?」
運ちゃん「ああ、それならかからないと思うよ」

しばらくして

俺「あー、ちょっと越えるくらいですかね」
運ちゃん「ああいいよ、3000手前でメーター止めるから(カチッ」
俺「(お、サービスなのか!ラッキー!)」
運ちゃん「じゃあここまでね。3000円。」
俺「(えっ!?えええええええ!?なんで!?)」
運ちゃん「越えたく無かったんでしょ?」
俺「じゃあ・・・これで。カード使えますよね?」
運ちゃん「えええ!?現金無いの!?」

東京のタクシーは滅びろ!!!!!

グランドセフトオート

2011年01月11日 12:00

アイマス最高!!!!!

いやーもう、この書き出しが出来て本当に良かった。心の底から良かった。
笑いあり、感動ありの素晴らしいライブでした。
過去最高クラスの誕生日だったし、過去5年くらいで一番テンション高かった。
自分でも気持ち悪いくらい盛り上がってたね!

例の事件以来本当にどうなるか不安を伴うライブでしたが、
会場前どころか始発から物販購入組が長蛇の列を作ってたようですし、会場前に決起会なんかもやっていて、
もうなんつーか本当に凄い気合いの入れっぷりでした。
むしろ例の事件があったからこそ、今回は本当にみんな気合いを入れていたところもあったんでしょうが。

席は全3階席の1階でしかも前から14番目という素晴らしい席。近い!本当に近い!
会場前に元町と合流してちょっと話をした後に着席したら、会場前に流れてるBGMに既に合いの手が。
5000人だか7000人だか集まる会場でしたが見事にビッチリだし。
すげーよこいつら何やってんだ!きめえ!(ホメ春香言葉)
年齢層もまたたけーのなんのって。隣の人とか余裕で40越えてる感じだった。どこの係長だよ!
あと後ろにいた淑女の方が「えりりーん!」とか「ミンゴスー!」とか、すげー叫んでた。

THE IDOLM@STERからライブスタート。
スタ→トスタ→、乙女よ大志を抱け!!、キラメキラリあたりの好きな曲は本当に盛り上がった。
特に乙女よ大志を抱け!!は毎日聴いてるほど好きな曲だったので開幕から死ぬほどテンション高かった。
しかしそれ以上に、いっぱいいっぱいでの盛り上がりが凄かった。
若林神の統率力は終始凄くて、恐らく人生で後にも先にも緑のサイリウムを所持していなかったことを
公開することはもう二度と無いだろうというくらい、若林神への認識を改めさせられる内容だった。
初公開の律っちゃんの新曲もすげー盛り上がってたし、すげーわあの人。

じゅり吉やらキング、くぎゅのビデオレターやトークを挟みつつ、遂に重大発表の場面。
それまで死ぬほど沸いていた会場が物音ひとつしなくなっていたのは本当に印象的で、
9.18事件のトラウマが本当に分かるシーンでもありました。
重大発表の内容はまさかのアニメ化で、会場は沸くわ沸くわの大騒ぎ。泣いてるやつもいた。
完全に黒歴史として扱われていたゼノグラシア、そして9.18事件・・・アニメやアイマスに関わる一連の流れから、
今回も悪いニュースが来るのではないかと会場のほとんど全員が感じていただろうその中で、本当に久々の朗報。
アイマスが本当に終わってしまうんじゃないかと心配していたファンも多かったでしょう、
その朗報での反動は本当に大きく、本当に嬉しい内容であり、そのあたりの会場の空気感は本当に凄いものが。

終始盛り上がったライブで、もちろん今回はアンコール有り。
前回アイマスライブで初めてアンコールが無かったという惨状があった反動もあり、
今回無事アンコールがあったこと、そしてアンコールで歌われたGO MY WAY!!には正直感動してしまった。
色々あって本当に感無量だった。ファンによる盛大なクラッカー演出などもあり、本当に盛り上がった。

そして最後のガミP登場。
前回のイベントである種戦犯になってしまったガミPでしたが、会場の大半が専用サイリウムを用意していて、
恒例の変態コールで暖かく(?)迎えられました。よかったねガミP。
最後はアイマス最高!!のコールでライブは終了。本当に円満に終わって良かった。

ライブ終了後も流れているBGMに併せて合いの手が入り、1階席から2階席、3階席へ、
また2階席、3階席から1階席に対しての手を振っての讃え合いなどもあり、
最初から最後まで見事なまでの会場の一体化ぶりは凄いものがあり、素晴らしいものがありました。

ライブ終了後は元町、そしてさむさん(なにげに初めて会話した)と東京の飲み屋へ。
ライブが良かったとか、ジュピター出なかったねとか、にごちゃんの筋肉が良かったとか、そんな感じの話。
さむさんは終電の関係で途中から抜けましたが、その後元町とカラオケへ。

人生初のアイマス曲しか歌われないカラオケに。
9.18からアイマスにハマった異常とも言えるにわかの元町でしたが、
この3ヶ月はガチでアイマス曲しか聴いてなかったというだけあって普通に分かってるのに感心。

あとはアキバのネカフェで寝て起きて今に至る。
元町が毎回使うというアキバのアイカフェは、コミックLOが全部揃い、
幼女成年コミック特設コーナーが設けられるなど、なんとも清々しいまでに紳士の店だった。
元町さんのオススメはさすがや!ほんまさすがやで!

360版、及びニコニコから入ったにわかアイマス勢ですが、
それでもなんだかんだで3年半アイマスを追い続け、やっと今回初ライブ参加。
自分の中でも大きな区切りであったと共に、本当にこの作品を追い続けていて良かったと痛感する内容でした。
これほど長文の日記らしい日記を書くこと自体も久々で、自分で書いていて
「いやー、俺アイマス好きだったんだなー・・・」と思わされてしまったりとかも。

しかし本当に今回は本当に良かった!
アイマス最高!!!!!!!

リーグボウリング

2011年01月09日 23:35

とうとう明日は!アイドルマスターライブイベントです! わー。わー。

生まれて初めてサイリウムも購入。意外と安くて1本150円くらいだった。
アイマスライブはキャラに応じたサイリウムを使うわけですが、とりあえず紫、白、オレンジ、赤を購入。
赤は買おうかちょっとだけ迷わないことも無かったのですが、
ライブはどうせ中村先生の無双状態になるので、赤は絶対に必要になるだろうと2フレで判断して購入。
白も新声優にあまり馴染みがないのでどうかなーと思ったのですが、
新雪歩にも頑張って欲しい!という想いも込めて購入。
紫とオレンジは割と言うまでも無く購入。応援がんばろう。

mixiとかでアイマス関連の日記を漁ってみましたが、明日戦場に赴くP達は本当に神妙とでもいうか、
ある種「覚悟」を決めてライブに向かう人がメチャクチャに多い様子で、P達のファンでもある自分としても
明日のライブ次第でまた色々変わってくると思うので、その辺は期待2割、不安8割というか・・・。
重大発表とかいうのがあるらしいですが、本当にそれがなんなのかで暴動が起きたり
歓喜の拍手が起きたり、色々大変な事になりそうな予感しかしない。

まあPS3とかDLCで完全版出します商法とかなら正直金を出せばいいだけなので、
愚民共には喜ばしい情報でしかないんですが、さてはて本当にどうなることやら・・・。
果たしてアイマス最高!!!!と明日の日記で書き出せるのか。いやー不安だなー。

ちなみに明日誕生日なんですが人生初の声優ライブに行ってきます。
人に話したら馬鹿にされました。これでいいのか28歳。いいんだよ!!!!!1111

洞窟物語

2011年01月07日 23:03


ネタだろと思って見始めた自主制作実写映画メガマンが正直普通に面白くてびっくり。
自主制作映画なだけあって、演出やSEが異様にショボかったり、ロックマンの主戦力が肉弾戦だったり、
カットマンの扱いがあまりにもひどかったり、確かにツッコミどころは少なくない。

しかし原作の設定や演出、ボスキャラ、BGMなどを見事に活かしつつも独自展開を描いた
ストーリー展開やオリジナルのプラスアルファ設定、ロックマンファンなら誰もが食いついてしまうような
「わかってる」構成の数々は実に素晴らしく、ファン作品としては非常に完成度が高い。
特にクライマックスの戦闘シーンとED曲は素晴らしい。

ロックとロールが2人で魂斗羅をプレイしているという、誰もが「せめてカプコン作品にしろよ!!www」
とつっこみを入れてしまう自主制作ならではの面白さもあり、映画としての楽しみもあり、
ロックマンを知っている人ならオススメです。字幕有りの動画がないけど、多分全然問題ない。
いやいや!意外と面白いよこれ!

アイマスクエスト

2011年01月05日 23:59

風邪引いてるのに職場の連中と麻雀やってさらに悪化させていて明日又仕事だっていうね。
麻雀は参加したけど翌日体調不良で休むとか流石に無理だろーってわけでむぎゃふ。

体調不良とかなんとか書きながらもアイマスクエストの名場面やら関連サイトを
昨日今日とたっぷり使って何時間も何時間も徘徊しているあたりに俺の体調不良の本気っぷりが伺えます。
いやーなんだ。今時点で155個全話3週してるし名場面は30回くらい見てるけどまだ見たり無いという信者っぷり。
ここまで見てるのはアイマスクエストとAVGNしかありません。我ながら気持ち悪いレベルの絶賛っぷり。
各章のファイナルを見たあとは2週間くらいどっぷりとアイマスクエストにハマらされていて、
もうておくれPになんか差し入れでも送った方がいいんじゃないかと思えるレベル。

今月下旬予定とされている8章のサブタイトルがもう(中略)なわけですから!もう高まりを隠せないというか!
いやードラクエ4のあの原作内容から本当に良くもまあここまで話を広げてくれました。
いやーほんと!早く始まれ第8章!

サイヴァリア

2011年01月03日 23:30

今年は健やかに健康に過ごそうを目標に頑張ろうと思ったのですが1月1日初日から
いきなり高熱を出し仕事を休み今に至るといった塩梅。そしてこの諦念・・・。

さて話は変わりますが年末年始で色々来客があり、それについて書こうと思ったのですが、
つい30分程前に見たアイマスクエスト最新話が面白すぎてそんなことどうでもよくなっているので割愛。
アイマスライブまであと一週間ですよ!一週間!ヴァイ!みたいな感じでテンションも高くなろうってもんです。

で、アイマスクエスト。
正直7章のマーニャ編は微妙だなーと思ってたのですが最終話でいつも通り感動大作になってるんだからもう
ておくれPはふざけてるのかと。こんな名作作ってしまってほんとふざけてるのかと。もっとがんばれ!超がんばれ!
ネタバレ無しだとこんくらいしか書けません。そしてこの諦念・・・。

何か面白いことでも書こうかと思ったのですが、人力ボカロの最新作の出来映えが素晴らしいので今日はここまで。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。