スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

無双orochi

2011年02月27日 23:44

なんかもう、こんなことを書くことすら何を言ってるんだろうといった感じなのですが、
最近ネットの評判というものに特に疑問を感じてしまう。

アイマス2のネガキャンが死ぬほど起きていたようだけれども、
見たらことごとく後で誤解だとわかるイベントだったり、初代にもあったようなイベントだったり、
バッドエンドの内容であったり、正直何を言ってるんだみたいなところで騒がれていて、
匿名サイトだとわかりにくいですがmixiのようなある程度名前が分かるところで見てみると、
概ねプレイした人間からは好評や十分満足、あるいは妥協できる範囲だという記載が目立つのに対し、
一部の人間がマイナスな内容について何度も何度も書き込みをしているという有様。

ゲームをきちんとプレイしないで、ましてやバッドエンドしか見ないでギャルゲーを語ったり、
ろくにやり込みもせず評価を下したり、なんというか、そんな情報に踊らされるのも馬鹿らしいなと
最近つくづく思ったりとか思わなかったりとか。

他のゲームの話であっても、DSiLLが出たときも画面解像度が変わらないので
画面が単純に引き延ばしになってしまうし、それについては正直ロクに触れられもしないのに、
今回の3DSではそれがさも重大な欠点であるかのような情報が見受けられたり。

3DSのスト4はどんな技もタッチ1つで必殺技やウルコンが出るという情報が出た時点で、
ガイルのコパンソニックを端でやるだけで永パになることが2フレで分かるのが推測できて、
それを考慮してカプコンがきちんとした入力の対戦モードも用意しているというのに、
そのモードの情報も出さずにバランスが崩壊してるだとかなんとか大声をあげる。

ネットで見受けられる自称ゲーマーを名乗る人々は、果たしてどこまでゲームをやっているのか。
いったいゲームの面白さというのはなんだと思っているのか。
ネット相手に何マジになっちゃってるのと言えばそれまでなのですが、
ゲームコーナーで無邪気に遊ぶ子供や、それを楽しそうに見る家族であったり、
息子に対してWiifitを買ってくれとせがむ母親などを見ていると、
ゲームというのは豊かな心を提供する「娯楽」であったのではないかと改めて思わされる。

一事が万事だとは思いませんが、発売日当日に全部販売すると大混乱が起きると言うことで
あえて当日販売分を少なくし「緊急入荷」と称して分散販売をしている店側の工夫に対しても
「任天堂の分納商法」とか「任天堂必死だな」みたいなリアクションがされているのを見ると、
自称情報に強い人たちが、その実如何に情弱であるかと思い知らされます。

なんというか、メーカーなどにも多少繋がりが出来たり、
市場をよりリアルな環境で体験できる場に移れば移るほど、ネットの情報が如何に歪んでいるかが分かってきて、
なんとも複雑な気持ちにさせられます。なら見るなと言う話ではあるのだけれども、
貴重な情報源のひとつであるから切り捨てるに切り捨てられない。

「嘘を嘘と見抜けないとネットを使うのは難しい。」
ひろゆきが10年くらい前にしていた発言ですが、今更この発言を思い知らされます。
本当に難しいね。ネットは。
スポンサーサイト

人生ゲーム

2011年02月25日 11:50

アイマス2とりあえず1週クリア。恒例のバッドエンドでとりあえず一週終了。まっすぐさんすらいなかった。
途中途中でやる気をなくしてしまったのも敗因のひとつだよなーとちょっと反省とかも。
ちなみにユニットは真、雪歩、やよいの3人でリーダーは真で行く予定だったのですが、
真が見事なまでに調和を乱しまくるので途中からやよいに変更。いろいろ上手くいった。真自重しろ!

1週クリアしたのでとりあえずネットを見てみましたが、なんかネガキャンが凄い様子。
なんか過剰反応してるけど、1にも結構酷いコミュとかあった気がするんだけどねえ。
特に買ってない人になればなるほどその辺は大きい様子で、
日記関連覗いても「買わなかったけどやっぱり酷かったみたいだ」みたいな内容が多くて、
なんというか、ある種情弱乙とかいってる奴になればなるほど情弱っぷりを露呈してる感すら・・・。

システムは前作よりよくなってるし、ゲーム性も過去のアイマスの中では一番良い感じだし、
小町は中盤までの良きライバルであり仲間として活躍してくれるし、
後半のライバルジュピターも以外と面白いやつらで、ドヤ顔しながらキメてくれるカッコイイポーズの
ダサさが尋常じゃなくて笑いながらプレイできたし、色々楽しめていたのですが。なんともかんとも。

とりあえず最終的なファン人数は36万人。
全一でも60万人くらいでトップアイドルになるのに必要なのが150万人くらい。
スコアとか見てもみんなそこまで大きな差は無いようだしグッドエンドも見れてないみたいなので、
2週目以降の繰り返しプレイで勝負!って感じですかねー。この辺は初代とあんまり変わらない感じか。
しかしギャルゲーのバッドエンドなんてだいたい救われない感じっていうのは初代ときメモから脈々と続く
伝統みたいなものなのに、それについてとかでネガキャンされるのは本当になんとも釈然としないというか。
もっと純粋に楽しめばいいのにねえ・・・。

レビュー「Dead Space 2(デッドスペース2)」

2011年02月23日 15:23

Dead Space 2(輸入版)Dead Space 2(輸入版)
(2011/01/25)
Xbox 360

商品詳細を見る

デッドスペース2遂に実績1000達成!いやー辛かった。本当に辛かった。
最高難易度のハードコアが本当に難しくて、何十回死んだかわからないくらい死んで、
何度となく心が折れて、もう駄目かと思いましたがなんとかクリア出来ました。いやーよかったよかった。
そんなわけでレビューしていきましょう。プレイ時間は推定50~60時間程度。
3週クリアプラスおまけの4週目もプレイ済み。初代ももちろんプレイ済みです。
プレイはオフラインのみでオンラインは全く手付かずなので、オフラインに限ったレビューです。

■どんなゲームなの?
日本では発売されていないTPSタイトルの続編。SF版バイオハザードって感じです。
相変わらず宇宙船内部が舞台になり、武器や敵も従来どおりの顔ぶれ。
初代をプレイした人ならニヤリとしてしまうシーンや展開が多く、割と前作プレイヤー向けの内容。
本作では前作の最高難易度に変わり「ハードコア」という、難易度が高いうえに
セーブがクリアまで3回しか出来ない鬼畜モードが追加。プレイヤーに対しての挑戦状となっている。

■ココが良い!
最高に難しいハードコアモードは日本のゲームではありえない程の高難易度で、
冒頭に述べたように本当に心が何度も折れましたが、ミスったら終わるという極限のプレッシャーや、
セーブをしたら残りセーブがまた1つ減るという葛藤が非常によく出来ており、
デッドスペースという作品の恐怖とはまた別の、全く新しい恐怖があるのが素晴らしい。

映画的な演出が増え、恐怖というよりもハラハラするシーンが増え、ゲーム難易度も上昇。
特に敵が多数かつ多方向から攻めてくるシーンが多く、敵の裁き方をうまく考え、
ステイシスを上手く使いこなしていかないと厳しいシーンが多いため、ゲーム的な戦略性はアップしている。

スーツのデザインも超格好良くなり、2週目特典スーツやハードコアクリア特典武器なんかも追加された。
ハードコアクリア特典武器が糞みたいに強くて、すべての敵が1撃で倒せるため爽快感も抜群。
あんなに苦労したハードコアの後なので余計に面白い。この辺のオマケも秀逸です。

■ここがイマイチ…
ムービーシーンや会話シーンが前作よりだいぶ増えたくせにそれらが飛ばせないのはネック。
特に2週目以降やハードコアモードプレイ時には相当のストレスになる。
世界観やゲームシステム、武器や敵などがほどんど使いまわしのため新しさが全くなく、
恐怖演出もイマイチになってしまったため、正直物足りなさもあってしまう。
新しい武器も使いにくいものが多いため、いまひとつ活躍の場面が無いのも辛いところ。

■総評 88点
前作と比較すると物足りなさやインパクト不足は否めないが、それでも秀作であることは間違いない。
特に1週目は非常につまらないとすら感じたものの、ハードコアモードをクリアしたときの達成感は
素晴らしいものがあり、Halo3のレジェンド、COD4のベテラン以来の高難易度クリアでした。
シナリオも続きモノなので初プレイの人には初代をお勧めしたいところですが、
前作プレイ済みの方ならプレイの価値はあるでしょう。
90点はあげられないけど85点よりは面白いという感じで88点。良作です。

ファイナルファンタジー

2011年02月22日 00:19

アイマスまであと数日。
なのですがデッドスペース2が全く終わりません。
2時間やって死んでコントローラーを投げるをひたすらに繰り返す作業。現在チャプター10、セーブ2回。
残りチャプターをセーブ1回で切り抜けるわけですが、本当に後半がむずいのなんのって。
猶予はあと2日、休み無し。

果たして・・・(ゲームセンターCX)

スーパーロボット大戦F

2011年02月17日 00:10

俺は何も悪いことしてないのに、神はなぜか俺に嫌がらせをするようで今日も順調にハードコアで事故って死んでいるわけです。

クイーンズブレイド スパイラルカオス

2011年02月16日 01:04

デッドスペースハードコア攻略中。
今チャプター5まで2時間かけて行ったのに死んでしまい無に還る。
俺は・・・俺は一体何故こんな無駄な時間を・・・。

ハードコアモードというのは難易度がハード程度で、クリアまで3回しかセーブが出来ず、
死ぬとセーブポイントに戻されるという本作における最高難易度。
終わってる程ムズイというわけではないのですが、一瞬の油断が命取りとなりすぐ死んでしまうシーンも多々。
3回しか無いセーブを如何に使うかがポイントになるのですが、うっかりすると今回のように
数時間という苦労が水泡に帰すというのが最高に心を折ってくる。制作者何考えてんだ。

しかしこの心をバキバキに折ってくるハードコアになって、いよいよデッドスペース2が面白くなってきた。
本作は結構どころじゃなく前作の焼き増し感が強く、プレッシャーも弱くて刺激が微妙だったのですが、
このハードコアは死んだら実質終わりなので、プレイヤーに対してのプレッシャーがハンパじゃない。
こんなにプレッシャーを感じるゲームは久々まである。
武器の使い分けなんかも考えてやらないといけないし、そのあたりの戦略性も実に面白い。

面白いと言えばドラゴンボールエボリューションを見ました。
想像以上に糞だった。糞過ぎてむしろ凄かった。この感想はそのうちにでも。
とりあえず心が折れたので寝よう・・・。

豪血寺一族

2011年02月11日 23:22

ケロロのアニメが終了だとかなんとか。
初めて聞いたときは「むしろ長く続きすぎくらいだろうにこれ」と思ったのですが、
自分の想像を700倍にしたくらい反響があったようで、mixiの注目キーワードも2日連続1位。
2日連続1位は正直相当な事がない限り見られない。

選挙で初めて自民党が負けたときも、北朝鮮がミサイルぶっぱなしたときも、
サッカーで日本が盛り上がっても、野球で日本一が決まっても、けいおんの映画化が決まっても、
平野綾がライフライナーを死体蹴りしまくっていても、結局1日で話題は尽きてしまっている。
そんな世界規模だったり声優オタ規模だったりする話題をも凌駕するのがケロロ軍曹。

日記をいろいろと見てみたら、タダのオタクよりもむしろ、子供と一緒に応援していたというお母さんや、
サザエさんのように毎週何の疑問視をせず見ていたという一般人が非常に多く、
改めて考えると実に7年、おジャ魔女より長く続いている長者番組なわけで、
観光地や空港に行けばご当地ケロロが売られている国民的なキャラクターにいつの間にかなっていた様子。

知る人ぞ知るどうでもいい話ですが、俺はゲーメストでメルティのキャラデザインしてた頃から
ずーーーーっと吉崎観音の漫画は買っており、もちろんこのケロロも1巻から愛読し続けている漫画だったりします。
連載当初は吉崎観音最高傑作だ!と絶賛していたのですが、いかんせん知名度が低く自分くらいしか知らない有様で、
アニメ化したときも「吉崎先生マジやりおったなあ」と一人で感心していたのですが、
実に7年の時を経て、アニメ化、映画化、ゲーム化、フィギュア化、ご当地キャラ化、専門雑誌創刊と、
本当に知らない人が居ないくらい有名なアニメに進化していました。
改めて偉大な吉崎観音先生には頑張ったと賞賛の声を送りたい。

で、そろそろ10年くらい応援し続けている能條純一先生の7年プランアニメはいつ始まるのでしょうか。
ブルーレイまで買う準備までしてるのですが、いつまで経っても始まりません。

うっでいぽこ

2011年02月08日 01:34

新しい職場がつまらなくてつまらなくて仕方がない。拷問のようなつまらなさ。

開拓部隊というか教育部隊というか立ち上げ部隊というか、
店の実績を作ってこーいみたいな感じで派遣されたのですが、まず店の担当のやる気がない。
言ってもやらない、覇気がない、件数が取れない、社員との関係値も低い、人事異動とかも把握してない、
とにかく使えない。これがもう使えない。

構造改革をしてこーいみたいな感じで派遣されたのですが、なんか変に保守的というか、
動かないしやらないし社員と関係も作ろうとしないしもーなんか張り合いがないというかなんというか。
ひっさびさに周りの使えなさに憤慨を隠せない感じです。

池袋から有楽町に異動になった人が何人かいたので、その人たちと食堂とかでばったり会うと
口を揃えて「池袋に戻りたい」とかなんとか言っている始末で、どんだけ環境悪いんだよもう!!11
と憤慨を隠せない。デッドスペース2のつまらなさくらい憤慨を隠せない。

デッドスペース2はもうすぐ1週目終了。正直楽しくない。実に困った。
ゲームなんて娯楽なんだしつまらなければやらなければいいというのは分かり切ってるのですが、
それでもなんかやっちゃう。マゾなのか。キチガイなのか。なんなのか。
なんかもー早く2ヶ月経たないかなーもう。うひーる。

百鬼夜行

2011年02月06日 21:02

ワンフェスより只今生還!
いやーつかれた、そして面白かった!

前回参加してたサークル(という呼び方でいいんだろうか?)も多かったので、
今回は写真少なくて済むかなーと思ったのですが完全に勘違い。
前回の約50枚を上回る70枚程度の写真を撮ってきてしまってもうメモリの中がパンパンだぜ状態。

タムタム、フルット、デュラル星人、斑鳩、神男、ブルースリー、ダイバージェンスメーター、
番子先生、メタルスラッグ、某鳩総理・・・とにかく山のような俺得フィギュアが揃いまくってて、
会場前から並んだのに全然時間が足りないのなんのってもう。
何故か望夢さんが居たというハプニングや、2度目になるシュタゲライブ参戦など、
おもしろイベントも盛りだくさんで、休日なのに疲れは仕事時の5倍、楽しさ100倍。うひー。

シュタゲイベントにはクリスティーナ、オカリン、るか子なんかのコスプレもいたりして、
特にるか子のコスプレはレベルが超高くて高まりを隠せなかった。
俺はコスプレを撮る人には・・・コスプレを撮る人にはなりたくない・・・・!
と思い続けていたのですが、次回までになんかデジカメも買いそうだし割と危ない予感しかしません。
いかん…いかん! 危ない危ない危ない…

シュタゲ、イカ娘、みつどもえ、ボトムズの出展が結構増えてました。
アニメ化効果連中はともかくとして、何故ボトムズ。確かになんかブルーレイかなんか出てたけど。
それでも何故。むせる。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。