スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本「さおだけ屋はなぜ潰れないのか?」

2009年01月27日 13:08

さおだけ屋はなぜ潰れないのか? 身近な疑問からはじめる会計学 (光文社新書)さおだけ屋はなぜ潰れないのか? 身近な疑問からはじめる会計学 (光文社新書)
(2005/02/16)
山田 真哉

商品詳細を見る

今更ながら「さおだけ屋はなぜ潰れないのか?」を読んだので感想でも。
あまり普段は文章の本を読まないので、内容はいつもよりさらにチャチなものですが。
まあ、暇つぶしがてら書こう。

内容は「会計入門 初歩の初歩の初歩編」みたいな感じ。
難しい会計用語はなく「需要が明らかに無いのに、さおだけ屋は何故潰れないのか?」等の
身近な疑問や会計テクニックを紹介する、内容としては会計入門書というよりは
会計をテーマにしたエッセイみたいな感じだ。

面白いなーと思ったのは「50人に一人無料キャンペーン」の話。
電気屋なんかでもたまにこの手のキャンペーンは見かけますが、会計的には
100人に2人しか無料にならず、トータルで言うと2%しか損失がない。
つまり、店側からすると2%割引と同じ意味。
というロジックはなかなか面白く、「なるほどうまいな」と納得させられた。

これがきっかけで会計に目覚めたり、何かしら生活に役立つ知恵が身に付くというのは
正直あまり考えられず、その辺のエッセイを読んだのと大差がないような本ではあるが、
ちょっとしたトリビア要素が詰め込まれていて、なかなか面白い。

「会計学入門!」ではなく「さおだけ屋~」というタイトルにしているのも上手いよなあ。
文中も身近なテーマばかりで親近感が湧き、とても読みやすいです。
最近本屋に行くと必ず平積みされている「食い逃げされてもバイトは雇うな」も同じ作者だそうで、
そっちもちょっと読んでみるのもありなのかもです。

近所の図書館にも置いてあるほどベタな本なので、
暇な方は読んでみても良いかもしれません。


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://ganon999.blog80.fc2.com/tb.php/198-e20492dc
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。