スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レビュー「【eM】-eNCHANT arM-(エム ~エンチャント・アーム~」

2009年04月06日 00:46

エム ~エンチャント・アーム~エム ~エンチャント・アーム~
(2006/01/12)
Xbox 360

商品詳細を見る

エンチャントアーム全クリ達成。
結構やり込み要素は残したんですが、EDがあまりに素晴らしかったので
熱があるうちにレビューを書きたいと思います。
バグにより25時間(進行度78%くらい)ドブに捨てたので2周近くしています。
プレイ時間はトータル40時間、クリアだけなら30時間でいけるでしょう。

■どんなゲームなの?
アーマードコアでお馴染みフロムソフトウェアの発売したRPGで、360では初となるRPGだそうです。
発売は2006年ということでグラフィックは今の最新よりは少し劣るけど全然見れるくらい。
作りはいたってオーソドックスなRPGで、捕らわれた友人を助けに行くのが目的。
戦闘の仕組みがやや特徴的で、自陣・敵陣の3×4マスに分かれて戦闘を行うシステム。
ライブアライブのようなイメージで、各技に決められた攻撃範囲や回復範囲が定められていて
自陣の配置を上手く工夫しながら戦う必要があります。

■ココが良い!
なんというか、割と全部良いです。
ストーリー、キャラクター、難易度、戦闘、ボリューム感、やり込み、BGM…
全てが割と素晴らしいレベルです。

その中でもまず挙げたいのはまずキャラクターとストーリー。
もうキャラクターがとにかく濃い連中ばかりで、本当にみんな馬鹿で仕方がない(褒め言葉)。
馬鹿で熱血で一直線な主人公や、クールで優等生な親友、オカマでホモの親友2、
ツンデレ姫様、うるさいチビガキ、カタブツ剣士…とキャラがことごとく濃い。
濃いのですがこれが結構良い奴らばかりで、どいつもこいつも愛着が湧きます。
ストーリーは序盤から盛り上がりを見せてくれ、テンポも良く進んでくれるので飽きず、
終盤の盛り上がりのEDは素晴らしいの一言。

戦闘のシステムも秀逸。
先述のようなマス目戦闘なのですが、開幕の配置がランダムのため
Aをポチポチ押すような戦闘にはならず、火に対する水のような反発属性からの攻撃は
ポロポロ一撃死やら瀕死になってくれるので戦闘は非常にメリハリがあります。
エンカウントは少し高めですが、オート戦闘や早送りも搭載されており、
プレイヤーのモチベを下げない工夫も見られます。
相当格下のザコならオートでガンガン進められますが、オートは最善手を選んでくれないため
ちょっと強い敵はオートじゃダメという加減も非常に良いところです。
敵が強い変わりにHP・MPが戦闘後にMAXになる仕様も良く、
HP・MPがMAXになる代わりにキャラクターの行動可能ターン数(VP)があるため
如何に少ないターン数で敵を殲滅するかという工夫が発生する仕組みも良くできています。

細かいところの気配りも非常に良かったです。
街を歩く人たちの名前に「妹思いの兵士」とか無駄な名前が一人一人につけられていたり、
基本は一本道ですが、寄らなくて良いところなんかも豊富に用意されていたり、
ヒントや進捗が見れるので詰まることがほとんど無かったりというのも良いところ。

■ここがイマイチ…
バグで進めなくなって25時間無駄になったところ!
フリーズバグも結構あるようで、この辺はパッチを出して欲しかったところ。
PS3版でもあるようなのでタチが悪い。

2周目要素が無いのもちょっと気になるかな。
一応裏ボス等はいるので、やり込み要素不足というわけではないのですが
個人的には強くてニューゲームがあるとより嬉しいくらい。
まあ別にこれはいいかなってくらいですが。

正直大きな不満点はほとんどありません。
歩くのが少し遅いとか、ラスボスのBGMがイマイチだったとか、
エンカウント率がちょぴっと高いとか(VPシステムが効果的になるので割と丁度良い気もする)、
ゴーレムの存在がやや空気だったこととか、そのあたりでしょうか。
バグの存在も条件を満たさないといけないですし、ゲームの本質部分で致命的なのは無いような。

■総評 90点
史上稀にみる超良作!
…とは言い過ぎですが、相当の良ゲーです。
RPGらしいRPGでは10年ぶりくらいの大絶賛レベルです。
開幕から面白いと思え、EDまで終始一貫して面白く、EDは本当に自分好みの終わり方でした。
ヴェスペリアに続きレビューサイトで高得点のソフトでしたが、これは当たりでした。
最高傑作とは言えませんが、レベルが高い作品なのは間違いないでしょう。
ある程度RPGが好きな人であれば大半の人に勧められる超良作です。是非プレイして欲しい。

EDにまつわるプチネタバレ感想。
ラスボス撃破後の街が歩ける仕組みが非常に良く、
やった!よかった!という人々や仲間の反応が見れるのは本当に良かった。
エマの最終巻みたいな終わりは感動的で、ED画面後に「大円団」という実績が解除される演出も良かった。
最高のハッピーエンド作品です。


コメント

  1. 元塾講師中里によるアフィリで楽しく毎日が給料日 | URL | -

    こんにちは

    頑張って下さい!!
    応援、ポチ、ポチ。
    また来ますね!!!

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ganon999.blog80.fc2.com/tb.php/287-1b413cb7
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。