スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ちなみにFFとかいって360で出ても買う要素無い

2009年09月21日 23:03

久々に16時間くらい寝ていたせいで当然のごとくネタがない。
起きてる時間はずっとGTAやってました。久々にやると面白いこのゲーム。
あとはこれといってネタも無し。ひどい。

しかしギアーズとかGTAをやってて最近顕著に思うことが。
"FFってグラフィック別に綺麗じゃなくなってしまったなー"ということ。
スーファミ・プレステくらいの時代まで、FFといえば超最先端グラフィックの代名詞だった気がします。
安定感のドラクエに、技術のFFといった2本柱がなんだかんだで日本のゲームを支えてきた。

FF6が出たときの超絶ドットや、PSの性能を越えているとスラ思えるFF8のムービーは
始めて見たときはなんだかんだで衝撃的で、新作が発表されてFFでまず期待するものといえば
なんだかんだでグラフィックが最初に出てくる、という人も多いと思います。
グラフィックだけで全然面白くないと思ってた自分は「グラフィックにみんな踊らされやがって!!」
とプンスカしてた記憶なんかもありますが、なにはともあれFFはグラフィックでした。

PVを見ると、まあ確かに頑張ってるし綺麗なんだけど、なんかちょっと足りてないというか。
具体的に予算の掛け方がもう少し足りてないというか。
2006年発売の初代ギアーズの方が全然なんか綺麗なような気もしないでないというか。
ゲームにおけるグラフィックはあくまでオマケです。それは間違いない。
けれども、グラフィックが売りのひとつだったFFに昔のインパクトが全く感じられなくなってしまった。
逆に世界観の崩壊っぷりとかの方がインパクトがあるこれはちょっと悲しいことだなーとも。

映画同様に日本のゲームも資金の使いっぷりや、CG技術の発達っぷりでは
もう全然話にならないレベルになってきてしまっている今だからこそ、技術で勝負できる
数少ないメーカーのひとつであるスクエニには頑張って欲しいところ。
…と、ネタが無い割に大分書けた!やったね!


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://ganon999.blog80.fc2.com/tb.php/470-54c975c8
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。