スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レビュー「ロックマン9」

2009年11月22日 21:50

ロックマン9 オリジナルサウンドトラックロックマン9 オリジナルサウンドトラック
(2008/09/17)
III(トリプルアイ)

商品詳細を見る

ロックマン9の実績をコンプしたので、いつも通りレビューを。
ライブアーケードタイトルとしては久々の実績コンプ&レビューになりました。
プレイ時間はざっくり15~20時間程度と思われます。正統ロックマンシリーズは全てプレイ済み。
ボスキャラ応募等もしていたリアルタイム世代としてのレビューです。

■どんなゲームなの?
正統ロックマンシリーズ、実に11年9ヶ月ぶりの最新作。
ファミコン→スーファミ→PS&サターンと機種を変え、グラフィック等も進化させ、
続編を出してきた本作ですが、本作はまさかの8ビット時代そのままの作り。
全てがファミコンドットイラスト、そして8ビット音源となって帰ってきた。
原点回帰とも言える本作にはスライディングや溜め撃ちも存在しないシンプルな作りだ。
ハードはWii、PS3、XBOXのいずれもダウンロード専用ソフト。

■ココが良い!
何が最も素晴らしいのかと聞かれたら、何といってもロックマンシリーズ最新作であることだろう。
本当に待った、高校生の頃から実に12年も待たされた最新作。
PSでのまんま移植や、ロックマンロックマン等のリメイクばかりだったロックマンシリーズに、
とうとう正統の続編が出ると聞いた時点でファンとしては涙せざるを得ないだろう。

ファンの予想の斜め上を行く8ビットへの原点回帰。
それもまたやればやるほどにロックマンであり、効果音、ステージ構成、音楽…
何から何まで当時のままでありながら、今だから出来るギミックもふんだんに取り入れられている。
ファンが喜ぶ要素をここまで凝縮した続編はそうそう無いだろう。

3以降、特に4頃からファンには散々嘆かれていた低難易度化に一石を投じる本作の難易度は、
初見であれば恐らくシリーズ最難関と思われ、熟練のロックマンファンでも余裕で死ねる構成。
それだけでは飽きたらず、さらに上の難易度としてヒーローモード、スーパーヒーローモードを
配信してしまうのだから制作者サイドは分かっている。
難しいながらも、やればやるほどパターンが自分の中で作り上げられ、安定してくるのもまた
ロックマンの面白さであり、それは本作でも健在だ。

BGMについては満点をつけて良いレベル。
7以降微妙になってしまい悲しい思いもしたが、ロックマンの音楽がとうとう帰ってきた!という感じ。
どの曲も実にロックマンしてるし、EDの途中の転調なんかはファミコンロックマンそのままで、
思わず「これだよこれ!!」と一人で感激してしまった。

次世代機ならではの大容量を活かした小ネタも光る。
火柱が落ちてくるところをギリギリで避けると足から煙が出たり、ショップでロールちゃんの
衣装を買っておくとED画面のロールちゃんの服装がきりんと替わっていたりと、
ファミコンだったら容量不足でここまで出来ないんだろうなーと思わされるギミックも盛りだくさん。
かと思えば、ファミコンをより忠実に再現出来るように敵が多くなったときに画面がチラつくというのを
オプションで意図的に再現出来たりする芸の細かさもファン感涙の演出。

■ここがイマイチ…
フルプライス作品ならボリューム不足なども上がりそうなものだが、
たったの1000円程度の本作ではそういった不満点は全くない。

強いて挙げるならまずその難易度だろう。
熟練のロックマンプレイヤーと言える自分ですら相当苦戦した本作は、
アクション初心者ならまず間違いなく心が折れる難易度。
実際友達は10分経たずに「つまんねええーーー」とかいって投げていた。
高難易度モードを配信する余裕があるならイージーモードも搭載する配慮もあればより良かった。

あとはロックマンが悪いというわけではないのだが、360のコントローラーがゴミ。
ジャンプボタンが壊れやすく、不用意なところで上下に入ったりするので操作性が非常に悪い。
PS変換器を入手したおかげで快適にプレイできたが、360コントローラーには心が折れた。

■総評 90点
なんてロックマンなんだろう。
これ以上の賛辞の言葉は無いほどにロックマンです。
歴代のシリーズ全部やってるぜ!!というコアなファンならきっと楽しめる出来です。
逆にアクションはちょっと苦手で・・・なんていうライトユーザーは避けて通ってもいい内容。

ショップ等の救済措置はあるので、アクションが上手くなくてもクリアは出来るように作られていますが、
それでも何十回、下手をすると何百回と死ぬことになるので、折れない心が何より大切。
しかし、そもそもロックマンとはそういうゲームであるから、だからこそファンは喜べる。

万人にはとてもお勧めできませんが、ロックマンファンとしては全く文句なしの一作。
ロックマンシリーズでもトップクラスに面白いです。まさに名作。


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://ganon999.blog80.fc2.com/tb.php/530-c7a05d98
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。