スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レビュー「HALO3」

2009年12月15日 22:32

Halo 3(通常版)Halo 3(通常版)
(2007/09/27)
Xbox 360

商品詳細を見る

実績コンプとまではいってませんが、一通りオフラインをクリアし、オンラインも遊び、
自分で満足する程度には遊び尽くしたのでヘイロー3のレビューを書かせて頂こうと思います。
プレイ時間は恐らく50時間程度。難易度ノーマル、レジェンドをそれぞれクリアし、オンラインもプレイ済み。
いわゆるヘイロー三部作は全くの初プレイで、今作初めてプレイしています。

■どんなゲームなの?
FPSというジャンルに興味がある人なら誰もが知っているであろう超有名ゲーム。
シリーズを通して世界で最も売れたゲームのひとつで、本作もまた1000万本以上の売上げを誇る超大作です。
HALOシリーズ3部作の完結編という扱いで、ストーリーも前作からの継続という形になります。
世界観は思いっきりSFで、複数の異星人達の種族抗争や、主人公達の地球を守るための戦いがテーマ。
武器もアサルトライフルやショットガンだけではなく、現代兵器とは一線を画すようなビーム兵器も多数登場する。

■ココが良い!
このゲームの最も優れていると思ったところは、遊び方が多彩であることだろう。
オフラインで1人で遊ぶもよし、複数名で遊ぶもよし、オンライン対戦に勤しむもよし。
難易度の幅も非常に豊富で、ノーマルやハードといった一般的な段階付けだけではなく、
様々な悪条件を付加することで、自分で細かくハードルを微調整していけるのがまた面白い。

最高難易度のレジェンドは過去に触れたゲームの中でも最高クラスに難しく、
デッドスペースやGOWとは比較にならない程難易度が高い。
明らかに複数名でプレイするのを前提に作られたような難易度調整で、敵の攻撃の大半が即死か瀕死なのに、
こちらの攻撃はノックバックもほとんど無く、何十発とヘッドショットを打ち込んでも倒れない。
明らかに理不尽な調整にも関わらず、何故か辞める気には全くならいのもこのゲームの不思議な魅力だろう。

銃声や目視によるCPUの反応も面白く、右側に注意を逸らしておいて、回り道をして左から攻め込むといった
敵の注意がどちらに向いているかを意識した立ち回りや戦略は非常に面白く、また理不尽な難易度を
上手く戦略立ててパターンを構築し、上手く敵を誘導出来たときの達成感は素晴らしいものがある。

■ここがイマイチ…
個人的な好みが大きいが、オンライン対戦が大味でイマイチ肌に合わない印象を受けた。
マイクロソフトゲームスの特徴なのか、Lトリガーによるエイム精度アップが無く、
見つけた瞬間に撃ち合いが発生し、体力が微妙に多いのでノーダメージで敵を倒すことが非常に困難で、
一対多数の状況を切り抜けるのが非常に難しい。
音楽も基本無くて寂しいし、マッチングもいちいち時間がかかって煩わしいのも難点。
初期装備が全員同じで、役割分担がしにくいゲーム作りも合わない部分だが、このあたりは好みだろう。

敵に弾が当たっているのか、ダメージを受けているのかというエフェクトが非常にわかりにくいのも難点。
特に遠くからの狙撃に関してはノックバックもほとんど無く、エフェクトも見えにくいためヒットしてるのか
どうかすら全然分からず、当たってるのかもよく分からず撃っていたら敵が倒れた、なんてことも非常に多い。
特に狙撃戦はノックバックすら分からないうえに、敵からの狙撃は即死なので狙撃戦はストレスが溜まった。

乗り物の種類が比較的多く、他のゲームと比較しても乗り物の操作性は良好ではあるのだが、
いかんせん乗り物が強すぎて、最強の乗り物に乗った瞬間に最高難易度でも簡単になってしまうのは考え物。
体力が通常の20倍くらいに跳ね上がり、大半の敵を一撃で葬る程の攻撃力を得る。
それまで即死で、敵に何十発も当てないといけなかったのが、全然死なずに一撃必殺。
こりゃ流石にバランス悪い気がしてならない。

■総評 80点
ゲーム的な完成度は高く、最終的には面白いと思えたからいいものの、
全体的に大味でバランスが良いとは言えず、何故ここまで売れているのかはやや疑問が残る出来映え。
シナリオに関してもイマイチついて行けなかったところもあるが、
これに関しては過去作品をやっていないので文句を言うのはお門違いであろう。

とはいえ、キャンペーンにしても対戦にしても、難易度や遊び方の間口が非常に広く、
初心者ゲーマーからコアゲーマーまで自分に合った遊び方が出来るという門戸の広さは流石の一言。
自分自身も、自分に合った難易度と遊び方を見つけてから面白いと思えるようになったし、
1000万を超えるファンを掴んだのはこの間口の広さに起因するところが非常に大きいのでしょう。

超大作かと言われると疑問符が付くものの、幅広い層に支持を受けているのは納得の出来映え。
オススメとは言い難いですが、無難に良くできています。秀作。


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://ganon999.blog80.fc2.com/tb.php/556-7e6589c7
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。