スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

実況動画勢

2010年01月07日 14:55

新居をよく見るとガス台だけではなくてクローゼット…はあるけど、その中の物干し竿が無いことも判明。
ロフトもないのでロフトの取っ手を利用したりも出来ず、要するに服を掛けるための装置が一切無い。
まーこれくらいならいいっちゃーいいんだろうか。

ついでに新居に住んでるという証明書類が一切無く、このままだと免許の更新が出来ない(住所証明が必要)ため、
アマゾンでヘッドホンイヤホンを注文。値段は安いが良い意味で値段不相応の評価を受けている機器類だ。楽しみ。
ヘッドホンサラウンドアダプターも欲しかったのですが、在庫が無いので一旦辞めておく。
どちらかというとヘッドホンよりも優先して欲しかったのですが仕方ないね。

ちょっと前にダイゴ君とアキバ行ったときにヘッドホンは視聴してきましたが、
装着感はイマイチながらも超がつくほどハッキリとした音質は個人的に好みだったのでよし。
ただうるさい電気屋で聞くのと自宅で聞くのは大分印象変わるだろうことと、
そもそもヘッドホンなんて滅多に使わないということがややネック。

あと昨日ちょっと…というか6時間くらいゲームのプレイ動画を撮ってみました。
身内向け配信なのでニコニコとかにあげてもいいんだけど、
音量とかちょっと調整しないといけないしめんどいかなーみたいな?
要望があったらあげなくもないですが、面白くないですのでご了承をー?みたいな?

プレイしたゲームはフリーソフトの「冠を持つ神の手」というゲーム。
レビューサイトではシミュレーションのジャンルにあったので、てっきり戦略系のゲームかなと思ってたんですが、
想像とは全く違って、簡単に言ってしまうとときメモでした。
ときメモと違って面白いところは、好感度を上げるゲームではないところであるというところ。
別に好かれなくても良いし、むしろ嫌われてもいいし、こちらから嫌ってやってもいい。
自分から相手に対しての好感度も任意で選ぶことが出来、憎さの余り殺すことすら可能という斬新なゲーム。

「ライバルを王位継承者の座を争う」、「特定キャラとの関係を築く」という2つの目的が平行して行われ、
どのような配分で立ち回るのか、良好な関係を目指すのか、それとも逆か、といった自由なプレイスタイルが可能で、
各キャラにも愛、友、憎、裏、殺という5つのEDが用意されており、ジジイとのガチムチエンドとかも可能。
EDの種類も60種類×王位継承の有無で分岐するため、実質数百パターン楽しめる。
ワンプレイは2~3時間程度と非常にお手軽なので、ときメモ系ゲームが好きな人なら軽いプレイも勧められます。
なかなか良ゲー。引き続きプレイすると思います。


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://ganon999.blog80.fc2.com/tb.php/578-ca319dd3
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。