スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レビュー「Halo: Reach(ヘイローリーチ)」

2010年12月09日 00:41

Halo: Reach(通常版)Halo: Reach(通常版)
(2010/09/15)
Xbox 360

商品詳細を見る

前回のレビューが実に4月で、改めて見直すと嘘だろと思うくらい久々なのですがレビュー。
今回は遂に、とうとう、やっと、なんとか、本当に長かったヘイローリーチ。
発売日に購入してほとんど毎日プレイして、やっとの思いで実績1000。プレイ時間は推定200時間くらい。
ヘイローシリーズは3、ODSTをプレイ済みでヘイロー1、2は未プレイ。そんな感じでレビューです。

■どんなゲームなの?
世界で最も有名なFPSのひとつであろう代表作。海外におけるドラクエ、FFクラスの作品。
スターウォーズさながらの宇宙戦争であるHALOの世界を描く中でも、その抗争の勃発を描いた作品。
スターウォーズで言うとエピソード1的な作品で、本作では主人公であるマスターチーフは登場しない。
惑星リーチで活躍した小隊「ノーブルチーム」を描いた作品であり、主人公はその一員である貴方だ。
オンライン対戦においても新システム「アーマーアビリティ」を追加し、ライフ周りのシステムが一新された。

■ココが良い!
なんと言っても新機能のアーマーアビリティのシステムが素晴らしい!
各プレイヤーごとにダッシュやアーマー、分身設置や飛行などのアビリティを付けることで
戦略に幅を持たせるというシステムなのですが、今までのシリーズにあった個性の出しにくさというのを
見事なまでに解消し、それでいて各アビリティのバランスが絶妙で、マップや戦略、連携などにより、
それぞれのアビリティを活かしたプレイが出来るのは素晴らしいの一言。
今まで移動が遅くもっさりしていた操作感が苦手でしたが、ダッシュの存在でその印象も一掃され、
200時間プレイしても未だに全てのアビリティを使いこなせていない程奥深い戦略があるのも流石だろう。

オンライン対戦周り全般のバランスの良さも素晴らしいの一言。
例えば待ちが強いと言われるCODシリーズのような、待ちが強い、攻めが強いの概念がほとんどなく、
それぞれの武器に距離適正や長所短所がしっかりと区分されており、強武器も必ずしも最強ではない調整も見事。
敵を一撃で葬ることが出来るエナジーソードは密着でないと攻撃できない、
広範囲を一撃で吹き飛ばす事が出来るロケット弾は段数が少なくリロードのスキがデカイうえに密着だと自滅等、
使い方次第で強くも弱くもなる仕様のため、場面に合わせた武器の選択や地形を活かした戦略、
そして純粋なエイムスキルや立ち回り能力などの総合力が求められ、FPSのトータル能力を求められる。
最高のバランスを持つオンラインFPSと良く呼ばれるヘイローシリーズだが、本作もその名にふさわしい出来だろう。

オフラインシナリオも素晴らしい。
個人的に今まで今ひとつと感じていたHALOのシナリオで、しかも主人公マスターチーフ不在。
一体どうなってしまうのかと思っていましたが、主人公達の所属するノーブルチームの活躍は涙無しで語れない。
コッテコテなまでの熱い演出とシナリオは個人的には過去プレイした中では最高でした。
2周目も思わず一切飛ばさず見てしまった程。本当に良かった。

■ここがイマイチ…
正直言ってこのゲームにはほとんど不満が無い。
そのうえで半分揚げ足取りのような不満要素をいくつか。

まずはなんといってもマップによる有利不利の存在。
武器のバランスは神懸かり的に素晴らしいのに反して、露骨に赤有利とか青有利とかのマップがある。
マップが投票決定制なのですが、自分自身でも「赤ならこのマップに投票するなよ!」みたいに
思ってしまったりするシーンがしばしばあり、その辺のバランスの悪さは要改善か。
とはいっても普段不利だと思っている原因を対策すべくアビリティを変えたり、
相手を上手く引き寄せて殺したり出来るとそれはそれで楽しさに変わるとことも。

オンラインのマッチングに結構時間がかかるのももう少し頑張って欲しいところ。
そこまでイライラするレベルでもないのですが、CODブラックオプスの驚異的なマッチングを見てしまうと、
もっと頑張れるよなーとも思ったり。ゲーム途中参戦が無いので及第点ではありますが。

■総評 95点
個人的には歴代ヘイローでダントツの最高傑作。
独特のモッサリ感や戦略の差別化といった不満点が見事に解消され、オフラインのシナリオも良く、
200時間プレイしても全く飽きずにプレイ出来ているのは凄いの一言。
余計な操作が無いためシンプルでいて、完璧な戦法や強い戦法が極めて少なく、
レーダーを活かした立ち回りや純粋なエイム能力、状況判断など、プレイヤーのトータル能力が求められ、
敷居が低いくせに恐ろしいほど奥が深いオンラインのバランスは素晴らしい。

シナリオも最初の前の話であるため、前作以前をプレイしていない方にもオススメ出来る内容のため、
シリーズ未プレイの方にも素直にオススメ出来る作品です。
解除していない実績もあるし3に一回戻ろうか、はたまた初代ヘイローをプレイしてみようかと思える程、
本作のおかげでヘイローシリーズを完全に見直しました。
素晴らしいという単語をここまで使わせた本作には敬意を表します。


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://ganon999.blog80.fc2.com/tb.php/809-582fa43a
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。