スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

垢髭流 テキサスホールデム攻略

2008年03月07日 13:04

最近ハマりにハマってるSNCのテキサスホールデムが北海道1位になっていた。
(一時的なものだろうけども)
久々になんまら面白いと思えるゲームなので自分流の攻略でもぺそぺそと。
ちなみにチップ枚数は地元ゲーセン仕様です。

・テキサスホールデム 通常ルール
VER2になるに伴い賭けられる上限が上がり、今まで上限120枚・平均80枚程度の勝負が最大240枚・平均100枚程度に上がっている。テキサスホールデムでは手札が2枚しか無いことから、相手の役の上限が比較的予想しやすく、また「ハート2・スペード7」なんてゴミ手札で勝てる確率も相当低い。前置きが長くなったが、このゲームの基本構想は「勝てるときに大きく勝って、負けるときは早々と降りる」がポイント。

1stラウンドが勝負の分かれ目。
ここで20チップベットしかしないのは話にならない。
1stベットのパターンはいくつかに分類される。

パターン1:激アツ
「スペードQ・ダイヤA」あたりが来れば激アツ。
MAXベット一択…といいたいところだが、事前に対戦相手のCOLL率・FOLD率を見ておく。COLLが60~70程度ある相手が多いなら強気に、そうでもなければ40ベットで様子見。後は一回引いて手が入れば強気継続。微妙であればワンペア期待で20ベット様子見か、他に強気なのが要れば即FOLD。

パターン2:チョイアツ
「ダイヤ10・クラブQ」あたりの微妙なところ。
現実レベルではワンペアでも十分勝ちを狙えるラインなので、1stラウンドは40ベットあたりで期待賭け。ここからは先は今回のパターンだとK・Aが出るか出ないかで方向が変わる。
①K・Aが出る+ノーハンド→厳しい。降り。
②K・Aが出る+ワンペア→微妙。期待は出来るので20ベット様子見。
③Q以下のカードしか出ない+ノーハンド→今後に期待。20ベット。
④Q以下のカードしか出ない+ワンペア→勝ち濃厚。
 1st40→2nd80はバレバレなので40継続が無難。

パターン3:寒い
「クラブ2・スペード10」なんかの微妙なパターン。
レイズがあれば降り。とりあえず20ベットでワンペアも揃わなければ降り。
ワンペア揃っても期待せずに20ベット継続、レイズはしない。
レイズされたら降り。

中級5人で基本は勝率20%と考えると、大体勝てるときのチップは大体500~800。
1回のゲームで100以下で立ち回れば5回に1回勝利で十分増える計算。負けるときのベットを場所代40+1st20のトータル60平均にしていればメダルは増える要素しかない。


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://ganon999.blog80.fc2.com/tb.php/96-615b457a
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。